力強さとカッコよさで勝負!日本車にないアメ車の3つの魅力

低燃費で、コンパクト、現在の日本ではそんな車が流行っています。しかし、バブル期の日本では、今とはまた違った車が人気を誇っていました。そのなかのひとつがアメ車です。幅が2m、長さが5mを超える大きな車体と豪快な走りは、権力の象徴であり、みなのあこがれでした。アメ車を買うことが、お金持ちの一種のステイタスだったのです。

しかし、バブル以降、日本が不況に陥ると、アメ車の人気は下落、それに加え、環境問題が社会的な問題に発展すると、排気量が多いアメ車は次第に敬遠されるようになりました。大きくて燃費の悪いアメ車は、実用的な車でないと人々に認知されてしまったのです。

そんなマイナスのイメージがあったアメ車ですが、最近では少しずつかつての人気を取り戻しつつあります。それは、デザインのカッコよさ、走りの良さを再評価する流れが高まってきたからです。今回は、そんなアメ車の魅力を、3つのタイプに分けてお伝えしていきます。

1.日本車にはない、力強い存在感と高級感があるタイプ

5df5995d-s

出典:CARZINE!

アメ車の一番の良さはなんといってもその存在感にあります。キャデラックなどに代表されるような、高級感と力強さを併せ持つマッチョなデザインは、日本車にはありません。この車で、街中を走れば、みなの注目を集めること間違いなしです。ドライバーは優越感にひたりながら運転することができます。

また、世界的にみても、車をコンパクトにしていく流れが強いなかで、アメ車の力強さを前面に押し出すデザインは、独特な魅力を放っています。ですから、古い車でも、今の車にない魅力を持っています。アメ車のカッコよさは劣化しないのです。そのため、長く乗ることができ、また、中古で安く買っても、充分にその存在感を 発揮してくれるのです。

2.悪路でも大丈夫! 圧倒的なパワーを持つタイプ

7efa8191

出典:世界の憂鬱

アメ車の魅力はまだまだあります。アメ車は日本車と比べ、圧倒的に悪路に強いのです。なぜなら、アメリカの道路は何百キロも移動する必要があり、それに合わせて、車が作られています。特に悪路に強いハマーは写真のように崖を上ることだってできます。

3.スポーティーなデザインがカッコいいタイプ

2490f05a

出典:特報ガジェQ

また、近年のアメ車は、マッチョなだけでなく、スポーティーでカッコいい、スポーツカーも登場してきました。例えば、写真のコルベットは、アメ車独特の力強いデザインを残しつつ、アメ車の持つ荒っぽい部分を廃して、新たなアメ車のイメージを確立しています。今のアメ車はただマッチョなだけでなく、もう一段上の細マッチョまで、進化を遂げているのです。

全体に共通していること、それは走りの良さ

これは、アメ車全般に言えることですが、とにかく日本車に比べて、走りが良いです。なぜなら、エンジンの排気量が、日本と比べてケタ外れに大きいからです。少しアクセルを踏んだだけで、速度以上の加速感を味わうことができ、安全運転をしながら走る喜びを感じることができます。

ここまで、アメ車の良さをお伝えしてきましたが、いかがでしょうか? 前述したとおり、アメ車は日本車と比べて、実用的ではない部分もあります。しかし、それを上回る走る喜びがあるのです。もし、あなたが他の人が持っていない車を持ちたいとおもうならば、 一度検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事