ベビーカーの積み下ろし簡単!子育てママにぴったりの車

子育てママのドライブで大変なことの一つに、ベビーカーの積み下ろしが挙げられるのではないでしょうか。女性一人で重たいベビーカーを持ち上げるのは、とても力がいる作業です。「もっと楽に積み下ろしできないの!?」そんな悩みをお持ちの方に、まずチェックしていただきたいポイントは、「広くて大きなドアがあるかどうか」です。ダイハツ タント、日産 デイズルークス、トヨタ ポルテなど、子育てママにオススメの中古車をご紹介します。

みなに優しい!「大きなスライドドア」付きの軽自動車

出典:SankeiBiz(サンケイビズ)

みなに優しい!「大きなスライドドア」付きの軽自動車

子育てママにとって、ベビーカーの積み下ろしが楽にできるクルマはとても嬉しいですね。これに加え、赤ちゃんをベビーカーからチャイルドシートに乗せ換えてあげるとき、腰を曲げずに出来たら申し分ないのでしょう。このご要望にお応えすることができるのは、フロアが低くて車背が高いハイトワゴンです。 最近では、とても大きなスライドドアが装着されているハイトワゴンも少なくありません。このようなクルマは、シートアレンジによってキャビンを広くすることができ、ベビーカーごと車に乗り込んだり、チャイルドシートに乗せたりすることも簡単に出来るのです。また、ステップが低く、乗降スペースが広いため、子育てママだけでなく、老若男女みなに優しいクルマであると言えるでしょう。車種で言えば、スズキスペーシア、日産デイズルークス、ダイハツタント、ホンダNBOXなどが挙げられます。是非チェックしてみてください。

大きなドアと広いスペースは子育てママから大人気!

ポルテは、小さなボディにもかかわらず、非常に背の高いキャビン、ミニバンもかくやという大きなスライド式のドアを助手席側に配した小型ユーティリティーヴィークルです。 初代ポルテの運転席側のドアは、通常のヒンジタイプのドアが1枚だけでした。開口部が大きいので不便ではなかったものの、運転席側のドアを前後で二枚にしてほしいという声も少なからずありました。その声を受けて誕生したのが、二代目ポルテと、その姉妹車「スペイド」です。この2台は、デザインに違いはあれど、基本性能や乗降性は全て共通しています。両車とも、運転席側のドアが二枚になっており、小物入れに工夫が凝らされるなど、女性目線の意見を多く取り入れて開発されました。最大の売りは、大きなドアと、低いフロアです。ベビーカーを車内に入れて赤ちゃんをチャイルドシートに乗せ換えるのも簡単です。パワースライドドアも選ぶことができるので、駅への送り迎えにも重宝するでしょう。 「ポルテ」はイタリア語の「扉」を意味しています。「スペード」は「スペースをデザインした」という言葉から名づけられました。広さ、扉が自慢のポルテとスペードは、子育てママにとって使い勝手のいい一台になるでしょう。

大開口のピラー内臓スライドドア付きコンパクトワゴン

ポルテからさかのぼること数年、トヨタのコンパクトワゴン「ラウム」は、小さなハッチバックながら、後席への乗降が便利なスライドドアがついていました。背の高さもそれほど高くなく、ポルテと比較するとベビーカーでのアクセス性も劣るはずなのですが、ハッチバック車としてでしょうか、依然その価値が認められているようで、今でも車種指名が入るほど人気の一台です。絶対的には低年式車になるので、低価格に収まるのも人気の秘密かもしれませんね。クルマ選びでベビーカーがネックになっている場合、是非ポルテとラウムの二台はチェックしていただきたいと思います。

やっぱり人気のダイハツ タント

背の高い車というと、タントを思い出す方もいらっしゃるかもしれませんね。ピラー内蔵型で、大きく開く左側のスライドドアが大人気です。ダイハツ工業はトヨタ自動車のグループ会社、上で紹介したラウムでの試みが花開いたといってもいいでしょう。コンパクトな軽自動車だからこそ、こういう使い勝手を向上させるノウハウは重要なのかもしれません。最も人気のある軽自動車の一つ。中古車市場でも豊富に流通しているのではないでしょうか。

関連記事