小回りが利く車を探すならこれ!

狭い道や駐車場が多い日本の道路状況において、小回りの利く車はとても重宝します。軽自動車は小回りが利くとよく言いますが、車体が大きそうに見えるスバル レガシイなど、意外と小回りが利く車はたくさんあります。小回りが利くおすすめの中古車をご紹介します。

「小さい車が小回りが利く」とは限らない

出典:自動車 維持費 削減、節約の裏技!

「小さい車が小回りが利く」とは限らない

日本は自動車大国ですが、道路の作りは車が走るのに向いているとは言いがたいですね。狭いし、路地なんか「この角度で曲がれとおっしゃいますか」と一人で突っ込んだりしてしまうものです。そんな中、小回りの利くクルマは助かります。よく「小さなクルマのほうが小回りが利く」と言っている人がいますが、実はそうとばかりも言えないというお話をしたいと思います。

幅が大きい方がハンドルが切れる

スバルのレガシイなどはこの手の車の典型かもしれません。レガシィは長い間「5ナンバー」サイズにこだわっていました。全幅1700ミリ未満。ただスバル自慢の水平対向エンジンを搭載しているレガシイ。このエンジンは幅があるのですが、これまでハンドルの切れ、車輪の蛇角が十分に取れないということからなかなか小回りの利かなかったところが、幅を数センチ広げたことでぐっと小回りが利くようになりました。 大事なことは「ボディが大きいか小さいか」ではなく、どれくらいハンドルが切れるかということです。幅が広くてもしっかりハンドルの切れるクルマなら、極端なことを言ってしまえば「鼻先さえ収まればどんな路地にも入っていける」と言えるのです。これには「操作感覚」の話も含みます。カタログの「最小回転半径」も参考にしていただきたいですが、実際乗ると、「あまり小回り利かないなあ」とか、逆に「カタログ値では、そんなに曲がらないと思ったけど、意外と小回りが利く」ということがしばしば起こるものです。

四隅のよく見える車はここでも「威力発揮」

タクシーなどもそうですが、クルマの四隅、特にボンネット両端がしっかり把握できるようなボディ形状のクルマは、実際の回転半径でもっと小回りの利くクルマより便利と言うこともあるのです。たとえば真のオフロードカー、トヨタのランドクルーザーやイギリスのランドローバーの各シリーズ、メルセデスベンツGクラスなどはかなり、ボディが大きいもののしっかりとボンネット両端が見えるようになっています。これがあると、しっかりぎりぎりまでクルマを寄せられるのです。 最近丸い車が多くなっていますので形状的に見えにくいクルマもあります、そんなところも是非注目してみてください。

関連記事

  • あなたの暮らしを幸せにする、街乗り向けのクルマあなたの暮らしを幸せにする、街乗り向けのクルマ 日本の道路事情を考えると、街乗りにおススメなのはやはり小回りが利き、車の先端がドライバーからもよく見える車です。フィアット […]
  • 乗り心地の良い車を選ぶなら乗り心地の良い車を選ぶなら 長時間のっていても疲れにくいことや窮屈に感じないことなど、長く乗る車だからこそ気を付けたい部分です。中古車でも探せる乗り心地抜群な車をご紹介します。 基本であり、難しい […]
  • 本当に運転しやすい車を選ぶなら本当に運転しやすい車を選ぶなら 「運転しやすい車」の基準はいろいろあると思いますが、車を選ぶ際に特に注意していただきたいのが、ステアリングの感やスイッチの場所に違和感を感じないかということです。また、具体的なメ […]