長く乗れる丈夫な車が欲しい方には

長く乗れる丈夫な車が欲しいという方は多いと思います。そんな方におすすめしたい、トヨタのクラウン・セルシオ、日産のセドリック・ティアナなど、中古で手に入る丈夫な車をご紹介します。

クルマは「あなたを映す鏡」です

クルマは「あなたを映す鏡」です

自動車は大昔ならいざ知らず、ここ40年ほどは大量生産大量消費、マスプロダクトの象徴のようなものです。高速で走行し、誰もが簡単に操作でき、安全な乗り物でなければなりません。乗り心地が悪ければ、商品力の方で分が悪いものです。ですので最近のクルマはどれもある程度は頑丈です。10年10万キロ、躯体としては20年を超えてもまったく不満なく使えます。ただ、難しいところとしては、ほぼほぼコンピューターであるという点があります。機械的な部分はさほど故障しないでしょうが、電気系統は案外寿命が来るものです。電気系統が故障するとうんともすんとも言わなくなるものです。こういうところは整備代が高かったりもします。それがなければ、もっと長持ちするのですが・・・そんなことを踏まえて少しご提案したいと思います。

「仕組みが簡単」これこそが一番の正義

語弊を恐れずにいえば「長く乗る」と言うことを前提に判断した場合、どんな先進テクノロジー「てんこ盛り」の高性能車、高級車よりも、仕組みのシンプルな、できるだけコンピューター制御の少ないクルマの方がはるかに長けていると言えます。これこそ正義だと言っても過言ではありません。コンピューター制御はどこが壊れているか「目視で判断」できないのです。専用のテスターを使わないと判断ができません。いわば、最新のクルマは燃焼室を持った、高性能なコンピューターのようなものなのです。  そのクルマは砂漠で止まってしまったとき帰ってこれますか?と考えたわかりやすいでしょうが闇雲にコンピューター仕掛にする必要はありません。そのくらいの快適性の差なら機械式にした方がよいと言う判断も出てくるでしょう。仕組みが簡単。コレに勝ることはないのです。  そう考えると、案外低年式のクルマのほうが故障が少ない、と言う場合も有ります。できるだけ、メカニックの方の話も聞いて、コレなら直すのが楽、直しやすいそういうクルマを選びましょう。  個人タクシーで使っているクルマなど、参考にしてみるのも意かもしれませんね。ああいうクルマは少なくとも20万キロ~50万キロ以上走る車もあるようですよ。

「かっこいい」という判断も時には捨てるべき

あと大切なことは「飽きないこと」です。飽きてしまうクルマは、クルマの寿命の前に手放さざるを得なくなるかもしれません。そう考えると、できるだけ内外装のデザインが堅い、遊びの少ない、奇をてらわない、安定の、コンサバティブなモノを選んだほうがよいでしょう。デザインひとつでそんなおおげさな・・・そう思われるかもしれませんが、乗るのは人間です。来る日来る日、一日と同じ日はないのです。 もしかすると、今流行だからと選んだデザインでも長く乗っていくうちに飽きが来てしまったり、実際にのってみたらライフスタイルと合わなかったりという事もあると思います。デザインとは流行ではないのです。品位であり、節度であり、けじめなのです。どんなところにも乗っていける、デザインはそういうラインで選んでみてください。奇抜なクルマは避けたほうがいいと思います。

車が壊れたのではなく「向き合えていなかった」と思いましょう

自動車は同じ図面で量産されます。同じものが多数作られているのです。ただ、同じ図面で造られるだけで、エンジンを1万基作れば、1万の別々な製造工程が繰り返されています。朝削って造られた部品と、夕方の物とでは、刃物(部品を作る際の道具)の温度、精度、完全に同じではありません。ですから完成品も、同じものを造っている様でも、やはり若干できに差が生じることがあるのです。そうしてできるクルマであるということを差し置いて「もう壊れた」「自動車が壊れるなんてひどい話だ」と怒っている人がいます。仕事に遅れる、大事な人を待たせる。事情はいろいろあるでしょうが、それはある程度リスクとしては仕方ないと思うべきなのです。電車の遅延と一緒です。 今まであなたのメンテナンスには問題はありませんでしたか?無理な操作をしませんでしたか?クルマに対して「思いやる」「いたわる」「あまり乗っていなくてもたまには思い出し、エンジンをかける」 こういった心掛けも、やはり大事なのではないかと思います。 クルマってそんな大変なの?と思われるかもしれませんが、3年かそこらではこんなことは要らないかもしれません。でも「長く乗ろう」と思うとオーナーの気遣いも必要なのです。オイル交換くらいはこまめに半年に一回くらいはした方が良いでしょう。 クルマとはおかしなもので、オーナーと「ご縁がない」と思うと、ふらっと旅立ってしまうものです。なぜかわかりませんが、不具合で廃車ということになったり、別のクルマと入れ替える話になったりなど…何かの事情で手を放れていくように感じます。 すくなくとも、「お疲れさん今までありがとう」そういう日までは是非、相棒として「しっかり向き合う」コレが一番大事なことかもしれません。

具体的にいうとたとえばどのようなクルマ?

愛着を持って長く付き合えるクルマ・・・と考えると、比較的構造の簡単な個人タクシーに使われている車種はかなり安心ではないでしょうか。 そもそも最近のクルマは数万キロ走ったくらいではそうそう壊れることも少ないでしょう。ですがとりわけ、個人タクシーに良く用いられる車種、たとえばトヨタのクラウン、セルシオ、日産ならセドリックやティアナなどはおススメです。会社に属さない個人タクシーの運転手さんは、車が壊れて走れなければご飯が食べられなくなってしまいます。いくら安く買えるとしても故障の多いクルマはなかなか買えないものです。 筆者、タクシーに乗ると運転手さんに聞いてみたりします。「前は○○だったけど、全然長距離も楽」とか「初めてだよ70万キロオーバーは!!」とか、いろいろと教えてくれたりするものです。もしよければ、皆さんもそんなことを、運転手さんに聞いてみてはいかがでしょうか? 高温多湿でストップ&ゴーを繰り返す日本の都市部の道路事情は自動車の仕様環境としては相当過酷なはずです。そこで長く乗るといっても10万キロ~20万キロとかではありません。一見きれいであっても50万キロ以上走行しているクルマもざらです。これほど過酷な耐久試験もありません。いわゆるタクシー仕様車ではなく、普通の乗用車のなかで何を選ぶか。個人タクシーに採用されがちな車種は間違いないのではないでしょうか。

関連記事