ゴルフバッグもすっきり積める ゴルファー向けの車

ゴルフが趣味な方にとって、車にゴルフバックが積めるかどうかは車選びのポイントなのではないでしょうか。ホンダ フリードやトヨタ センチュリーなゴルファーにおすすめの中古車を紹介します。

日本車は昔からゴルフ場エクスプレス

出典:(株)スズキ自販福岡

日本車は昔からゴルフ場エクスプレス

クルマ選びにおいてゴルフは依然重要な要素になっているのではないでしょうか。ゴルフは用具を収納するのにスペースを要します。本来はあまり歓迎できることではありませんが、日本の厳しい住宅事情では、クルマがゴルフ用品の収納場所。そういう方もいらっしゃるでしょう。 またゴルフ場が近所にない場合も少なくありません。疲れないクルマ、長距離ドライブ向きのクルマが好まれる傾向にあるのです。したがって、「ゴルフに行くのに便利な車」という条件はクルマ選びにおいて未だに健在だと言ってよいでしょう。この分野、実は国産車が長けている部分でもあるのです。 どんなことに注意して選べばよいか、ここでご紹介していきたいと思います。

トランクの大きさではなく「形状」が問題だ

自家用車でどこに行くか、という問いに対して、特に40代後半以上の男性で多いのが、「ゴルフ」「ゴルフの練習」という答えです。ゴルフという趣味にしっかり対応しているクルマかどうかはクルマ選びにおける重要なポイントなのかもしれません。また、日本車は昔から、「トランクサイズはそれほどでもないのに、わりとゴルフバッグだけは搭載できるようにできている」と、よく言われます。スポーツカーで、トランクは浅いのにゴルフバックだけは積める、と半ば揶揄されたこともあるほど、特にこの国において、ゴルフ用品がつめるということは重用な要素なのです。ゴルフというと、輸入車の方がイメージに近いようにも思われるかもしれませんが、実は国産車ではかなり昔から対応されていたのです。 ゴルフバッグが積めるかどうかで重要なのは、実は容量ではなく形状です。 立方体に近い形状では厳しいと思われます。奥行きがあるか、幅が広いか。直方体形状のトランクであることが望ましいでしょう。またトランクのヒンジの形状も注目していただきたいです。しっかりと内張りで覆われていて干渉しないで開閉できるかどうか。トランクのハッチを開けた状態ではたくさん詰めたのに、いざ閉めようとするとしまらない。ということもありうるのです。 是非事前に確かめられるようなら、「ゴルフには何人で行くか」ということをよくイメージし、どのくらい荷物を積むか、しっかりとシミュレーションしておくことが重要です。最近では荷室チェック用にゴルフバッグを置いているクルマ屋さんもあるようです。実際にゴルフバッグが入るかどうか、気になるようでしたら事前にクルマ屋さんがゴルフバックを置いているか確認し、もし無ければ持参して確かめる方がいいかもしれません。容量が大きいからといって必ずしも安心はできないポイントです。確かめられることは確かめて、是非悔いの無いようにだけしていただきたいものです。  具体的な車種で言うと、2000cc以下ではホンダフリードを勧める声が多いです。セダン系はかなり多いようですがこれだとさらに融通が利くという点で人気が高いのが実情です。あと、運転手さんを雇って乗るイメージの強い日本の最高級車「センチュリー」。このトランクは評価が高いです。トランク収納に於いてゴルフバッグ以外にボストンバッグがつめるかどうかが大事、そういう声はまわりでもよく耳にするところです。 レクサスLSは不足だ、という声とゴルフ向きという声、両方聞きます。ハイブリッドとLS460でトランク形状も少し違うようです。できればゴルフバッグをお持ちになって、確かめられるのが一番確実でしょう。ぜひ、ご自身のゴルフ事情に合わせた車をさがしてみてください。

関連記事