アルファード モデルチェンジ情報

概要

トヨタ「アルファード」
出典:http://toyota.jp/

2000年代はじめ、大型ミニバンのカテゴリーでは、日産のエルグランドが独り勝ち状態でした。

トヨタはこのカテゴリーではハイエースの派生車種であるグランビア、グランドハイエース、ハイエースレジアス、そしてツーリングハイエースの4車種を対抗車として販売していましたが、4車種あわせても太刀打ちできませんでした。

グランビア
グランピア

そこで4車種を統合して開発、販売されたのがアルファードです。発売日をわざわざ2代目エルグランドの発売日の翌日にするなど、対抗心をむき出しにして話題を呼びました。

インテリアは広く木目調のパネルを使って豪華さを打ち出す一方で、プラットフォームはエスティマのものを流用、エンジンは税制面で有利な2.4リッターのものを搭載するといった工夫で、割安感を出すことで、驚異的な販売台数をたたきだし、大型ミニバンカテゴリトップの座をエルグランドから奪取することに成功したのです。

現在も大型ミニバンの代名詞的なクルマとして、有数の人気を誇るクルマとなっています。

モデルチェンジの歴史・略年表

2002年 初代発売
2003年 ハイブリッドモデルを追加
2005年 マイナーチェンジ
2008年 フルモデルチェンジ 2代目発売
2011年 マイナーチェンジ
2015年 フルモデルチェンジ 3代目発売

アルファードの中古車を見る

アルファード ハイブリッドの中古車を見る

1 2 3

関連記事