エルグランド モデルチェンジ情報

エルグランドの税金

エルグランドの一部グレードはエコカー減税の対象車だったのですが、平成27年度税制改正で対象外となりました。

そのため、現在は税制上の優遇措置はありません。

ライバル車との比較

日産・エルグランドのライバル車と言えば、同じ大型ミニバンのトヨタ・アルファード(ヴェルファイヤ)しかありません。

両車種を比較してみます。

日産 エルグランド トヨタ アルファード
新車価格帯 321.3万円~777.6万円 319.7万円~703.6万円
全長×全幅×全高 4975×1850×1815mm 4935×1850×1950mm
室内長×室内幅×室内高 3025×1580×1300mm 3210×1590×1400mm
最高出力 125~206Kw 112~206Kw
最大トルク 245~344Nm 206~344Nm
燃費性能 9.4~10.8Km/L ガソリン:9.5~11.6Km/L
ハイブリッド:18.4~19.4Km/L
安全装備 クルーズコントロールなど 自動ブレーキなど

価格帯は、トヨタ・アルファードのほうが低い価格帯となっています。

ボディサイズは、アルファードの全高が高く、室内空間もアルファードのほうが室内長と室内高の点で広い室内空間となっています。

走行性能については、エルグランドのほうが出力、トルクとも大きいです。

燃費性能については、ガソリン車ではほぼ互角ですが、アルファードにはハイブリッドモデルがあり、大型ミニバンとしては非常にすぐれた燃費性能を誇ります。

安全性能はエルグランド、アルファードともに、自動ブレーキなど先進的な予防安全装備を備えたグレードがあります。

アルファードのほうが価格が安く、パワートレインもガソリンかハイブリッドかで選択できます。

総合的に見ると、アルファードのほうがいい買い物になることが多いでしょう。

今後のフルモデルチェンジ予定

現行の3代目が発売されてから6年が経過し、さらにライバル車であるトヨタアルファード(ベルファイヤ)に販売台数で大きく水をあけられていることから、2017年中、おそくとも2018年にはフルモデルチェンジがあるのではないか。と言われています。

まとめ

長らく大型ミニバンというカテゴリーではナンバーワンだったエルグランドですが、トヨタアルファード(ヴェルファイヤ)という強力なライバルが出現し、最近では押されがちです。しばらくモデルチェンジをしていないことから、新型の投入が待たれます。

エルグランドの中古車を見る

エルグランドの買取相場を見る

1 2 3 4

関連記事