引退後の自由気ままなドライブにぴったりのクルマ

引退後に車を買い換えるならどんな車がいいのでしょうか。おススメしたいのはダイハツ コペンやフォルクスワーゲン ザ・ビートルカブリオレなどのオープンカーです。引退後だからこその自由な車選びの参考にどうぞ。

もっと自由に、思いのままに・・

もっと自由に、思いのままに・・・

引退後のクルマ選び。はたして何を基準に選んだらいいのでしょう。もしかすると悩んでしまうかもしれません。 現役のころは、どうしても社会人として周囲の目を気にしていたり、自分の中に抗い難い決め事をお持ちの方もいらっしゃると思います。その中でクルマについても、明確ではないにせよ、どこか「あまり目立ちすぎないように」とか、「クルマ選びでも良識を疑われてしまうのではないか」など自然と危惧し、意識し、律してクルマを選んでいることもあるでしょう。 そうしたことも含めて、もう何にも縛られずに、引退後は自由にクルマ選びを楽しんでいただきたいのです。

リタイアこそが「本当の始まり」、そして「夢への第一歩」

引退したらどんなクルマを選べばよいか。たとえば、昔あこがれたクルマに乗ってみるのはいかがですか。家族で乗ることを考えて、一旦はあきらめたあのクルマ。一度乗ってみたかったオープンカー。もっと趣味の釣りをしたい、逆にもっと大きなクルマで、気の置けない仲間と旅に出たい。 是非リタイアされたからこそ、新しい人生のスタート、一緒にたくさん思い出を作れるようなクルマを選んでいただきたいものです。リタイアされたということは、自由になること、しがらみや呪縛から解き放たれることに他なりません。ちょっと派手かな?やりすぎかな?そんなクルマにも是非チャレンジしていただきたいものです。

自由だからこその難しさ たとえばこんなチョイスはいかがでしょう

ただ、まったく自由に選んでいい状況になってみると、かえってどう選んでいいかわからない。何を優先したらいいか迷ってしまう。そういうこともあるかもしれません。今までは束縛条件があったので、それにそって選べばよいという面もあったのではないでしょうか。そんな方に是非チェックしていただきたいクルマ、自由なクルマ選びの足がかりにしていただきたいクルマを一つおススメさせていただきます。 それはオープンカーです。社会で組織に属していたりすると、派手なイメージがあるオープンカーは、なかなか選びにくかったりするのかもしれません。また、オープンカーはかっこいいし素敵だとは思うけれど、いざ自分のクルマとして選ぶとなると勇気がいる、二の足を踏んでしまう。そういう方もいらっしゃるでしょう。オープンカーをおススメする理由は明らかに「オープンカーではないクルマ」と差があるからです。コレがあるカーライフを体験したかどうかは大きな違いだと思うのです。屋根が開く。ただそれだけのことですが、筆者は心が解き放たれるような感覚を覚えました。 「幌だと不便では・・・」「荷物が詰めないんじゃあ・・」いろいろと不安を感じられるかもしれませんが、乗ってみると案外不便さを感じないクルマも多く、加えてそんな幾多のマイナスイメージを打ち消して余りある魅力をオープンカーは持っています。 ですので、まだお乗りになったことが無いようでしたら、是非一度は乗ってみていただきたいのがオープンカーなのです。こういうスタンスでのクルマを選び、もし結果としてオープンカーを買わなかったとしても、自由なクルマ選びに欠かせない、いろいろなことを教えてくれることでしょう。

具体的におススメなクルマをいくつかご紹介すると、比較的精神的な参入障壁の低いクルマでダイハツコペン、フォルクスワーゲン ザ・ビートルカブリオレ、メルセデスベンツCLKカブリオレ、フェアレディZロードスターなどは信頼性も高く比較的探しやすいかもしれません。また注目していただきたい中古車としてはポルシェ996型から997型にかけての「911」のティプトロニック仕様。これは人気の狭間にあるような存在で買い得感のあるクルマです。2ペダルポルシェでもPDK搭載モデルはまだまだ割高な相場といえるかもしれません。

関連記事