快適な車で、あなたの通勤時間を有意義に

通勤に車を使う方にお勧めしたいのが、スズキ スペーシアや日産 デイズルークスなど、小物入れが豊富な車です。中古車で選べる通勤を快適にしてくるれる車をご紹介します。

通勤の車内、そこは自分の部屋

出典:スズキ株式会社

通勤の車内、そこは自分の部屋

これはもしかすると、クルマの話ではなくなってしまうかもしれません。通勤形態は人それぞれです。クルマであったり、電車であったり、場合によっては忙しく飛行機という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、手段が何であれ、通勤時間が「お勤めの前の貴重な自分の時間」であるということに変わりありません。仕事へ行く時間なのだから、会社や社会のための時間だという印象を受けがちですが、この時間は間違いなく自分のための時間です。だからこそ、通勤時間を快適に過ごすことのできるクルマに乗っていただきたいものです。 クルマがお気に入りであることも大事かもしれません。しかし、一番大事なことは、そのクルマが自分にとってしっくり来る物かどうかではないでしょうか。そんな切り口で少しご提案したいと思います。

手を伸ばしたところに・・

「通勤が快適になる」とは、手を伸ばしたところにすべてがあるかどうかということがポイントになるのではないでしょうか。 たとえば、朝コーヒーを飲む方がいらっしゃいます。そういう方にとって、カップホルダーの位置は重要でしょう。単に缶コーヒーが置ければいいというものではありません。また、タバコを召し上がる方なら、タバコ置き場も重要でしょう。ミントやおしぼり、ティッシュを置く方もいらっしゃいますよね。そんなものに手を伸ばせばすぐ届く、これが理想ではないでしょうか。走行中にそれらをいじるのは無論ご法度でしょうが、だからこそ、コンパクトにまとまっていて、すぐに取り出せることは大事かもしれません。こういうところでまごつくと、どうもその日一日がすっきりしないなあ・・・と感じる方もいらっしゃるでしょう。

こういった需要が多いためか、最近の軽自動車には小物入れの充実しているクルマが多数出ております。 たとえば軽自動車では、スズキスペーシア/日産デイズルークス/マツダフレアワゴン/三菱eKワゴン/スズキキャリイ/日産NT100クリッパー/三菱ミニキャブ/マツダスクラムがおススメです。カタログを見ると小物入れや買い物袋掛けなどの記述に余念がありません。また、ファミリーカークラスでも日進月歩で使い勝手が向上し、現行型ノア/ヴォクシーでも至れり尽くせりの収納の設計が見受けられます。ただし、中古車だとそれほど親切ではない場合も有るかもしれません。しかし、通勤で使う方は是非、中古車で探す場合においても、新車カタログを取り寄せて、最新のクルマの使い勝手をチェックしておくとよいでしょう。そうすることで、現行モデルのほうが使い勝手よさそうだけど、これくらい安いから納得!とか、この機能は自分には無くても大丈夫そう、など、自分にとっての使い勝手における「必要性の按配」がわかると思うのです。中古車を買おうと思っている方も、現行モデルのカタログはお店に行かなくともネットでも取り寄せられるでしょうから、もらっておくとよいと思います。あくまでクルマを選ぶ際の基準として、参考にされることをおススメいたします。 通勤車を「自分の城」にしたい!「自分だけの通勤エクスプレス」を探したい!という方にとって、収納スペース・小物入れについては、極めて重要なポイントになるのではないでしょうか。

ミュージックサーバーをつけましょう

標準装備のナビにミュージックサーバーがついている場合も最近多いですが、もし付いていない場合でも後付のカーナビをつけるなどして、是非装着することをおススメします。いろいろな音楽を片っ端から入れておきましょう。 朝のひと時、大変な一日の終わりにリラックスできる音楽や、朝一番で気合を注入する音楽。へこみそうなときに励まし、勇気付けさせてくれる音楽など、いろいろな曲を録音することをオススメいたします。通勤を一緒にするクルマです。こうなるといよいよ通勤で使用するクルマは「本当の相棒」になるといってもいいかもしれませんね。

シートは大事

毎日のことだからこそ、是非良いシートの車にしましょう。よく走っている車でも、30分も乗っていると腰が痛くなったり、疲れてしまったりするクルマも少なくありません。ですので、購入前にできれば試乗して、少し感じを掴むといいかも知れません。しかしそれでも買ってしまったクルマのシートが合わないというようなことがあれば、社外のシートを入れて対策するのも一つの方法でしょう。

関連記事