【プロ解説】Eクラスセダンの歴代モデルを歴史とともに徹底解説!!

更新日:2021/04/13

Eクラスといえば、多彩な車種ラインナップを誇るメルセデス ベンツブランドの中でも、中核を担うモデル。

一時期はメルセデス ベンツの最量販モデルでもありました。

その歴史を振り返ってみましょう。


文・写真/萩原 文博

最新の技術と安全装備が数多く採用された初代・W124型

1984年に導入されたW124型は当初「ミディアムクラス」と呼ばれ、1993年になってから「Eクラス」の名称が与えられました。

W124型は、軽量構造のボディ骨格やエアロダイナミクスを中心に徹底して新技術を採用することで燃費を低減するとともに、パフォーマンスの向上を図っています。

また、革新的なマルチリンク式独立懸架サスペンションを採用し、卓越した走行安定性を実現しています。

さらに、有害物質の排出削減の面でも先駆者としての役割を果たし、1986年秋からはガソリンエンジンを搭載する全てのモデルに、排出ガス抑制システムを装備しました。

他にも、革新的な四輪駆動システムの4マチックを一部のモデルで導入、ABSのオプション設定、運転席SRSエアバッグの標準装備など、最新装備の数々が惜しみなく投入されました。

初めて4つ目のヘッドランプを採用した2代目・W210型

1995年に登場した2代目のW210型は、4つ目のヘッドランプを採用したフロントマスクになりました。

ETS(エレクトロニック・トラクション・サポート)やベルトフォースリミッターなど、数多くの技術が標準装備となったのをはじめ、レインセンサーやキセノンヘッドランプなどの革新技術がオプションとして設定されたのが特徴です。

さらに、1999年秋から全モデルに横滑り防止装置のESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)が採用されました。

他にも、SRSサイドエアバッグ、SRSウィンドウエアバッグが標準装備となり、ブレーキアシスト(BAS)、アクセラレーション・スキッドコントロール(ASR)も初採用になりました。

優れた空力性能を実現した3代目・W211型

3代目となるW211型は2002年に導入されました。先代モデルから継承したツインヘッドライトは大きく傾斜され、より一層スポーティかつエレガンスなエクステリアになりました。

全高やホイールベースなどが約20mmずつ拡大されたにも関わらず、空気抵抗係数のCd値は0.26という優れた空力性能を誇ります。

このモデルでは2段階式SRSエアバッグ、2段階式ベルトフォースリミッター、アクティブライトシステム付バイキセノンライト、センサー制御クライメントコントロールなど、新たな安全装備が導入されています。

走行性能の面では、フロントに4リンク式サスペンションを採用し、リアにはほぼオールアルミニウムのマルチリンク式リアサスペンションを搭載しています。

全く新しい内外装を採用し、運転支援技術も搭載した4代目・W212型

W212型と呼ばれる4代目Eクラスは2009年に登場しました。

伝統と革新を融合した全く新しい内外装を採用するとともに、メルセデスの持つ革新技術を駆使し、安全性・快適性・環境適合性のあらゆる点でアップデートされました

特徴的なツインヘッドライトは楕円形から異形に変更されシャープさが強調されるとともに、空気抵抗係数(Cd値)は0.25という、ラグジュアリーセダンとして世界トップのエアロダイナミクスを実現しています。

走行性能を向上させる電子デバイスとして、走行状況に応じて減衰力を自動調節するセレクティブダンピングシステムを搭載し、優れた操縦性と快適な乗り心地を両立しています。

さらに、ハイビームアシスト、レーンキーピングアシスト、ブラインドスポットアシストなどの運転支援技術もオプション設定されました。

先進の運転支援システムによってドライビングの快適性、安全性を高めた現行型・W213

W213型と呼ばれる5代目の現行型Eクラスは2016年7月に導入されました。

オプションのワイドスクリーンコクピットは2枚の12.3インチ高詳細ディスプレイからなるもので、インテリアの中に浮かぶ1枚のディスプレイにように見えます。

また、ステアリングホイールには自動車で初となるタッチコントロールボタンを採用しています。

現行型Eクラスは事故回避などの安全運転支援システムを幅広く採用するとともに、大幅に進化した部分自動運転機能を搭載しています。

ドライブパイロットという機能は、前走車との車検距離を自動的に適正に維持し、前走車の追従走行を可能としています。また、アクティブレーンチェンジアシストは、ウインカーを2秒以上点滅させた場合に車線変更をアシストします。

サスペンションは、アジリティコントロールまたはダイナミックボディコントロールを標準装備し、マルチチャンバーエアサスペンション、エアボディコントロールをオプション設定にしています。

メルセデス ベンツの中でも販売台数の多いEクラス。

常に最新のテクノロジーが採用され、同じカテゴリーのベンチマークになってきたモデルです。

これからもどのような先進技術が投入されたモデルが登場していくのか、目が離せません。

情報提供元: CarMe[カーミー]
ファブリカ