メルセデス・ベンツ 4代目Cクラスに欠点はあるのか?車格や燃費など気になるポイントをチェック!

更新日:2021/06/16

メルセデス・ベンツの販売しているクルマの中でも、特に高い人気を誇るメルセデス・ベンツ 4代目Cクラス。

今回は、4代目Cクラスにどのような欠点があるのか、詳しくチェックしてまいります。

メルセデス・ベンツ 4代目Cクラスは、車格が大きくて運転しづらい?

Cクラスには4つのタイプが設定されていますが、どのタイプも車格が大きめとなっています。

それぞれのタイプの大きさを見てみると、セダンは全長4,690mm×全幅1,810mm×全高1,425mm、ワゴンは全長4,705mm×全幅1,810mm×全高1,455mm、クーペは全長4,700mm×全幅1,810mm×全高1,405mm、カブリオレは全長4,700mm×全幅1,810mm×全高1,410mmとなっています。

それぞれ全長や全高にわずかな違いがありますが、全幅は全て同じで、あまり大きさに違いがないことがわかります。

車格がこれだけ大きければ運転に不安を抱える方も多いかもしれませんが、Cクラスにはメルセデス・ベンツが長年研究を重ねてきた安全技術の全てが注ぎ込まれているため、そのような心配は無用です。

メルセデス・ベンツは、これまで約4,700件もの事故におけるクルマの破損や乗員の被害状況など、約3,000項目にも及ぶ調査を行っています。

Cクラスに備わっている安全装備には、上記の事故調査を踏まえて設定された安全基準を基にして開発された先進技術が採用されているのです。

建物や電柱といった動かない物だけでなく、人やクルマに対しても作動するため、運転時は絶大な安心感を与えてくれるでしょう。

メルセデス・ベンツ 4代目Cクラスは燃費が悪い?

Cクラスの燃費数値を見てみると、WHTCモードでセダンは12.7~13.6km/L、ワゴンは12.4~13.3km/L、クーペは8.2~12.7km/L、カブリオレは8.1~12.3km/Lとなっており、燃費はあまり良くはありません。

この数値はカタログ燃費であるため、実際の数値はこの数値の7割ほどになります。そのことを考えると、日常での通勤や買い物の足として利用するのは厳しいように感じます。

しかし、Cクラスは全てのタイプにおいて燃料タンクの容量が66Lと大きく、ガソリン満タン時の走行可能距離は優れた数値となります。

そのため、走行可能距離はカタログ燃費の低い数値で計算した場合でも、セダンが838.2km、ワゴンが818.4km、クーペが541.2km、カブリオレが534.6kmとなります。

一度の給油でこれだけの距離を走れるのであれば、安心して日常の足として利用できそうです。

セダンとワゴンには大きなラゲッジルームが備わっていますが、クーペとカブリオレのラゲッジルームはそれほど大きくないため、荷物の積み込みという視点で見ると、この2つのタイプは不便に感じるかもしれません。

荷物の積み込みには向いていないクーペとカブリオレですが、セダンとワゴンにはない開放感という長所を持っています。

クーペは天井にパノラミックスライディングルーフが備わっており、ガラスルーフから見える空と光が大きな開放感をもたらしてくれるほか、カブリオレは天井を開けてオープンカーにすることが可能で、開放的で心地良いドライブを楽しめるのです。

開放感という長所はセダンとワゴンにはないため、積載量にこだわりのない方には、クーペとカブリオレがおすすめです。

Cクラスには車格の大きさや燃費の悪さという欠点がありましたが、標準で備わっている安全装備や燃料タンク容量の大きさなどで、欠点をしっかり補っていることがわかりました。

メルセデス・ベンツのこだわりが詰まったCクラスは、使い勝手の良いクルマであることは間違いないでしょう。

※2021年5月現在

情報提供元: CarMe[カーミー]