CX-4の販売は中国のみ?!日本で発売はされないのか?

更新日:2016/12/22

現在マツダが日本で販売しているSUVはデミオをベースにしたコンパクトSUVのCX-3と、ワンサイズ上のモデルにCX-5があります。アメリカではCX-9というモデルもありますが、北米市場を意識したモデルのためボディサイズは全長5,065mm、全幅1,930mmとかなり大きめ。正直日本に導入したところで、運転するのにかなり気を使いそうです。

ところで、少し前に話題になったCX-4を覚えていますか?東京モーターショー2015でもコンセプトモデル「KOERU」が注目を集めたのはまだ記憶に新しい人も多いのではないでしょうか。その市販モデルとなるCX-4は中国ではすでに販売されています。日本での発売はないのでしょうか?

CX-4はどんな車?

CX-4は全長4,635mm、全幅1,840mmと日本で走るには若干大きいですが、CX-9に比べたらかなり現実的なサイズです。CX-5も室内空間はかなり余裕がありますが、スタイリングでCX-4に惹かれる人は少なくないでしょう。そう、CX-4は単なるSUVではなく今話題のクーペSUVを前面に押し出したモデルなのです。

先に発売されている中国ではカー・オブ・ザ・イヤー2017も受賞しており、デザイン性の高さを伺わせてくれます。搭載されているエンジンは2.0Lと2.5Lのガソリンエンジンモデルで、ディーゼルモデルを売りにしているCX-3とCX-5とは異なるラインナップとなっています。クーペ=スポーツモデルを印象付けるためこのようなグレード設定なのでしょうか。

中国では人気の高いCX-4

CX-4は中国では2016年6月から販売されており、売れ行きは好調です。一時期は日本でも販売になるという情報が出ていましたが、最近は音沙汰なし。やはり中国専用のモデルということなのでしょうか。

また気になるのはディーゼルモデルがないことです。これは中国市場も意識してのマーケティングだと思われますが、日本を含む世界で販売するとなると、やはりディーゼルモデルは欠かせません。

なぜ、日本で販売されない?

マツダは日本のメーカーであるのに、なぜ日本ではCX-4は販売されないのでしょうか。

CX-4は中国の工場で生産されています。おそらく、中国クオリティという品質の面が原因で、日本では受け入れがたいのではないでしょうか。

日本やヨーロッパでcx-4を発売するなら、日本もしくはヨーロッパの工場で生産したものを販売するでしょう。しかし、そのためには、それなりの投資が必要ということも意味しています。

CX-4が中国で発売された頃から、日本への導入を調整中、準備中などと言われてきましたが、今になっても表立った動きがないため、現状では今後も日本導入の見込みは薄いと言えそうです。

情報提供元: CarMe[カーミー]