【東京オートサロン2017】ブリッドの新コンセプトシート、アジア人のフィット感を追求

更新日:2017/01/13

ちょっとしたスポーツ走行をすると、それだけで感じるのは純正シートのホールド感の欠如。街乗りからレースまで使えるブリッド製シートは、走るための必需品とも言えます。

会場にてベールを脱いだ新製品

世界各国で行われるモータースポーツシーンに必要不可欠なバケットシート。日本のバケットシートメーカーとして有名な「BRIDE(ブリッド)」。今回のオートサロンに出展されていたのは、"勝つためのシート"でした。

ブリッドは最軽量、レース中の極限Gに対応する「ブリッド・ハイパー」を新発売。腰から頭までガッシリサポートする形状だけではなく、冷気送風システムとアルミスライドレールを両方装備したのは世界初で、アジア人の体型に合わせたちょうど良いサイズのシートとなっています。

紹介に上がったのはドリフト界の重鎮、織戸学氏。これまで欧州のGTマシンに標準装備されるバケットシートはアジア人の体型には合わなかったが、ブリッドは日本のメーカーということもありアジア人に最適なフィット感を考え抜いた、車体とシートとドライバーが三位一体となるような専用設計です。

ブリッドの新製品ギャラリー

ファブリカ