【車の豆知識】ガソリンのレギュラーって?ハイオクって?

更新日:2017/04/01

ハイオクガソリン指定の車に乗っている人は、何も考えずになかば自動的にハイオクガソリンを入れていると思います。このハイオクガソリンと、レギュラーガソリンの違いは、どんなところにあるのでしょうか?また、請求メーカーによって性能差はあるのでしょうか?考えてみたいと思います。

ガソリンのレギュラーって?ハイオクって?

レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違い。それは、オクタン価の違いです。日本ではJIS規格で定めれられており、レギュラーは89以上、ハイオクは96以上となっています。

このオクタン価は、シリンダー内で勝手に発火してしまうノッキングの起こりにくさを表した数値です。つまり、オクタン価が高いほどノッキングが起こりにくいガソリンになります。

単純にいえば、圧縮比の高い高性能エンジンほど、ノッキングを起こしやすくエンジンを痛めてしまいます。そこで、メーカーではハイオク指定エンジンなどを作るわけですね。

では、石油メーカーのスタンドで販売されているガソリンには、それぞれどんな特徴があるのでしょうか?今回は、そんな素朴な疑問を解決します。

動画で解説!

情報提供元: CarMe[カーミー]