旬なクロスオーバーSUV。発売していないメーカーってある?

更新日:2017/04/20

日本国内でのクロスオーバーSUVブームは、トヨタの初代ハリアーが火付け役です。クロカンの走破性とセダンの快適性を求めたコンセプトの自由さが受け入れられたのか、2017年現在ではクーペ&SUV、スポーツカー&SUVといった亜種?まで見かけます。さて、そんな人気のクロスオーバーSUVですが、いまだに生産していないメーカーはあるのでしょうか?

ますます加速する世界的なSUVブーム

2017年現在、世界的にSUVブーム真っ盛りです。SUVバブルと言っても良いでしょう。人気の中心はクロスオーバーSUVで、走行性能、居住性、積載性と実用性の高さが評価されています。

さらにルックスにも注目が集まり、クーペSUVやスポーツカーデザインを生かしたSUVまで登場しています。

コンパクトからスポーツカーまで、まさに百花繚乱状態のクロスオーバーSUVですが、自社にラインナップしていないメジャーな自動車メーカーはあるのでしょうか?

いま旬な、クロスオーバーSUVに絞って見ていきましょう。

国内メーカーでSUVがないのはミツオカのみ!

日本国内は、ほぼすべてのブランドで、クロスオーバーSUVを展開しています。

トヨタが最も多く、クロスオーバーSUVブームのきっかけを作ったハリアーと、最新のC-HR、レクサスはRXとハリアーとプラットフォームを共用するNXをラインナップ。

日産は、エクストレイルとジューク。マツダは売上好調を支えているCXシリーズ。スバルはフォレスター、XV、エクシーガクロスオーバー7。三菱はRVRとアウトランダー。ホンダはヴェゼル。スズキはハスラー、イグニス、SX4 S-CROSS。そしてダイハツはキャストなどがあります。

軽自動車から大型車まで、各クラスに複数の選択肢があり、価格レンジも120万円台から700万円台までと幅広く用意されています。国産自動車メーカーでクロスオーバーSUVを製造していないのは、ミツオカだけでした。

国産クロスオーバーSUV

欧州メーカーで現在SUVを販売していないのは?

欧州のメジャーな自動車メーカーで、2017年4月現在用意されているクロスオーバーSUVは、X5を筆頭とするBMW Xシリーズ、ポルシェ マカン、カイエン、メルセデス・ベンツ GLクラス、アウディ Qシリーズ、VWのティグアンとトゥアレグ、ミニ クロスオーバーです。

他にも、ルノー キャプチャー、プジョー SUV 2008とSUV 3008、シトロエン C4 カクタス、ボルボのXCシリーズとクロスカントリーシリーズ、ベントレー ベンティガ、ジャガー F-PACE、レンジローバー イヴォーク、フィアット 500X、マセラティ レヴァンテ、アルファロメオ ステルビオなどです。

コンパクトクラスから日本にはないスポーツカークラスまで、国産車よりもさらに幅広い選択肢で、高性能モデルまで揃います。

クロスオーバーSUVをラインナップしていない主要メーカーは、ロールス・ロイス、アストンマーチン、ランボルギーニですが、2018~2019年には各社ともクロスオーバーSUVを投入する予定といわれています。唯一残されたフェラーリは、どうするのでしょうか。

輸入クロスオーバーSUV

  • 出典:matome.naver.jp/odai/2141854025736242901

SUV大国アメリカでSUVを販売していないメーカーは?

クロスオーバーSUVを販売していない、アメリカの自動車ブランドはあるのでしょうか? 

お国柄、クロスオーバーよりも本格的クロカンが持てはやされそうな気もしますが。しかし杞憂でした。

ビッグ3のひとつ、GMからはキャデラックブランドでSRXクロスオーバーとエスカレード、シボレーブランドでトラックス、エキノックス、トラバーズ、タホ、キャプティバが販売されています。同じくビッグ3のフォードからは、エスケープ、トランジット・コネクト、エッジ、フレックス、エクスプローラー、エクスペディション。

クライスラーからは販売されていないのですが、グループ内のJEEPブランドで、レネゲード、コンパス、グランドチェロキーを製造しています。

情報提供元: CarMe[カーミー]