プジョー 2008、ジープ レネゲードなど…200万円台で購入できる輸入SUV

更新日:2018/05/19

国産とは違う個性的なスタイリング、高級感のあるインテリア、そして独特の乗り味。SUVに乗るなら輸入モデルに乗りたいという人も多いのでは?でも、国産車に比べると高いというイメージも。そこで今回は200万円台で買える輸入SUVを集めてみました。

文・山崎友貴

プジョー 2008

1番手でご紹介するリーズナブルな輸入SUVは、プジョーの「2008」です。世界最古の自動車量産メーカーが造った小型SUVには、間違いなく国産SUVにはないオーラがあります。外装のプレスラインもさることながら、インテリアのデザインも非常に洗練されています。もう、嫌みなほどフランス車ビームが出てしまっています。

日本向けモデルに搭載されるエンジンは非常にユニークで、1.2ℓ直3ターボ、いわゆるダウンサイジングエンジン。直3というと日本の軽自動車を思い出しますが、もちろんフィーリングは別物。3気筒化したことで4気筒よりもロングストロークとなり、低速から豊かなトルクが立ち上がるSUVに向いたエンジンと言えます。ターボで過給するので、高速での走りも申し分ありません。

さらにユニークなのは、このモデルには2WDしかないということです。「2WDしかないなら、降雪地帯には向かない」と思う向きもあるでしょうが、それは早計。2008にはグリップコントロールシステムという電子デバイスが搭載されており、路面状況やエンジン出力とブレーキを制御して、タイヤのグリップをコントロールしてくれるのです。

このシステムは実に強力で、前輪駆動なのに、まるで四輪駆動のように悪路を走破。自然状況で変化する舗装路においては、4WDである必要性をまったくと言っていいほど感じさせません。

そして何より、それが263万円から買えるというのが魅力的。輸入車はドイツ車のイメージが強いのですが、フランス車の乗り味は上品かつ情熱的。2008にもそれが表れています。国産SUVの購入を検討しているなら、ぜひ同時にチェックしていただきたい1台です。

ルノー キャプチャー

さて、次にご紹介するのは、2008のライバルであるルノー「キャプチャー」です。これもまた、個性の塊のような車です。2018年の3月にマイナーチェンジを受けたばかりで、従来よりもタフなイメージが強くなりました。

ルノーの車は過激にも思えるライン使いが多いのですが、このキャプチャーはグループ企業である日産のエクストレイルの香りがどことなく漂っているのは気のせいでしょうか。

キャプチャーの“やる気”は新たに追加されたスキッドプレート風フロントバンパー以外にも表れています。日本に入っているキャプチャーの駆動方式は2WDのみのですが、タイヤはなんとマッド&スノータイプ。オンロードタイヤがスタンダートな昨今のSUV界において、非常に希有と言ってもいいでしょう。

もちろん、これは単なる雰囲気作りではありません。キャプチャーには「エクステンドグリップ」という電子デバイスが搭載されています。“標準” “ソフトグラウンド” “エキスパート”の3つのモードを任意で選ぶことが可能。特にエキスパートモードでは、タイヤの空転をブレーキ制御によって回復させ、グリップ力を得るようになります。

プジョーのグリップコントロールと酷似した電子デバイスで、非常に高い悪路走破性を発揮してくれます。

エンジンは1.2ℓターボですが、キャプチャーは直4レイアウトを採用。滑らかでバイクのエンジンのように吹け上がる気持ちのいいフィーリングが特徴です。価格は269.9万円から。2008とほぼ同じ金額ですが、より都会的で、身近な雰囲気を持ったコンパクトSUVです。

シトロエン C3

2008、キャプチャーと来れば、忘れてはならないのが、シトロエンの「C3」です。厳密にはBセグメントのコンパクトカーですが、3代目はクロスオーバー的なスタイリングに一新されました。

その特徴はなんと言ってもエクステリア。「エアバンプ」と呼ぶドアシルガードは、都会的でありながら、オフロードのイメージも併せ持っているので不思議です。インテリアが外装ほどユニークではありませんが、センスのいいデザインで品よくまとまっています。

C3も1.2ℓ直3ターボエンジンを搭載しており、クラスを超えた高い動力性能を持った車です。ドライブフィールは見た目ほど大胆ではなく、どちらというと堅実な印象。高い剛性感を感じさせるフィーリングは、ラテン系というよりドイツ車のような味です。

駆動方式は全グレードFFで、価格はなんと219万円から。クラスから考えると高いようにも思えますが、C3のアイデンティティを考えれば高くはないと言えます。

アウディ Q2

次に、人気のドイツ車からこの一台。高額なドイツ製SUVの中で、200万円台で買えるのが昨年6月に発売されたアウディ「Q2」です。2008とほぼ同じサイズですが、ローフォルムに見えるのはデザインゆえでしょうか。

日本仕様の搭載エンジンは、1.4ℓ直4ターボと1ℓ直3ターボ。200万円台なのは1ℓエンジンで、299万円!ギリギリ!

アウディ車の魅力は、絶対的な高級感と安定感のある乗り味ですが、このQ2にも同じことが言えます。運転席に座った瞬間に、五感で「あっ、高級」と感じ取ることができます。ドライブフィールが軽快ではありませんが、どっしりとした安定感があり、気がつくといい速度域になっているというような感じです。奇をてらうことなく、いい車に乗りたい人にオススメの1台です。

フィアット 500X

車好きに“ラテン系”という括りで、フランス車と同じカテゴライズされるのがイタリア車です。イタ車というと、フェラーリやランボルギーニが代表的な存在と見られがちですが、大衆ブランドのフィアットにこそ、その特徴がよく出ていると言っていいのではないでしょうか。

そして、フィアット車の代名詞である500(チンクエチェント)シリーズのクロスオーバーが「500X」です。

日本には導入されていませんが、500シリーズには「500L」という5ドアハッチモデルが存在します。500Xは、この500Lをクロスオーバー化したモデルです。もちろん、ボディデザインは専用で、ただ車高を上げただけのなんちゃってSUVではありません。見た目はソリッド感があって、シリーズの中でももっともラグジュアリーです。

エンジンは1.4ℓ直4ターボエンジン。マルチエアと名付けられたこのユニットは、低中回転時にはのんびりした雰囲気ですが、踏み込むとまるでスポーツカーのエンジンのようなレスポンスを見せます。少々のクセのあるエンジンではありますが、同社のツインエアエンジン同様に、ある程度の時間乗るとクセになってしまうフィーリングが魅力です。

ちなみに500Xの中では、FFのポップスターというグレードが292.7万円で購入できます。FFですが、電子制御のトラクションコントロールを備えており、片輪が空転した場合にはブレーキをかけてトラクションを回復させるというもの。プジョーやルノーのシステムほどではありませんが、かなりの悪路走破性を発揮してくれます。

ジープ レネゲード

さて、この500Xとシャシーやシステムを共有している兄弟車があります。それが、ジープの「レネゲード」です。同ブランドのアイコンであるセブンスロットグリル、スクエアなボディフォルムは、どこから見てもジープです。ただし、500Xと兄弟車ですので、エンジンも500Xと同じ1.4ℓ直4ターボ。ドライブフィールもほぼ同じです。

デザイン以外の違いと言えば、レネゲードには「トレイホーク」という悪路走破性を重視したグレードがあり、これには走行シーンによってエンジンや駆動力を制御したり、本格的なオフロード走行に必要なセンターデフロック、4WDローレンジなどが装備されています。ただし、このグレードは300万円を超えてしまうため、今回の対象から外しましょう。

200万円台で購入できるのは、「ロンジチュード」というFFのベーシックグレードで、これは299万円という際どいプライスが付けられています。ですが、ちょっとお待ちを。すでに受注は終了していますが、「セカンドアニバーサリーエディション」という特別仕様車が最近まで販売されていました。

この特別仕様車はロンジチュードの内外装色を変えたもので、なんと価格は279.7万円!ベースグレードよりも安かったのです。今後もこのような特別仕様車がリリースされる可能性は大ですので、購入検討時期にはチェックしてみるといいかもしれません。


ということで、今回は200万円台で購入できる輸入SUVを紹介してきました。どれもコンパクトSUVではありますが、国産車ではちょっと味わえない魅力を持ったモデルばかりです。ぜひ一度、試乗で違いを体感してみてください。

情報提供元: CarMe[カーミー]
ファブリカ