新型デリカD:5は王者アルファード/ヴェルファイアの牙城を崩せるか!?

更新日:2018/12/01

いまやメッキグリルを前面に押し出した迫力あるフロントマスクがミニバンの定番になっていて、SUVや軽自動車などほかのジャンルにも波及している。高速道路で後方から迫ってくると、思わず道を譲りたくなるこうした顔つきになった三菱自動車の新型デリカD:5。ど迫力フェイスと言えば、現在のミニバン王者、トヨタ アルファード/ヴェルファイアが思い浮かぶ。絶対王者の牙城を崩せるのだろうか。

文・塚田勝弘

驚きの顔つきになった新型デリカD:5

今回のタイトル(お題)を編集部から頂いた時、「気持ちは分かるけど」という心境になったのは、三菱デリカD:5がビッグマイナーチェンジで驚くほど顔つきが変わったから。筆者が実車を見て思い浮かんだのは黒系のボディだったため「ダース・ベイダー」、ネット上では「ひげ剃り」なんて呼んでいる人もいる。

マイナーチェンジでここまで大きくフェイスリフトさせる例はマレで、同社の意気込みの表れともいえるし、そのデザインの好みは別にして、新旧を並べると、より押し出しが効いていて、迫力も満点。

新しさだけでなく、見慣れてくるとスタイリッシュに見えてくるから、ハマった人には、この顔だけでも気になるだろうし、とくにエアロ系の「アーバンギア」は、ドレスアップのベース車としてのニーズも満たしそうだ。

ライバルはアルヴィルよりもノアヴォク

先述したように、新型デリカD:5がアルファード/ヴェルファイア(アルヴェル)に対して、「気持ちは分かるけど」という前提付きだったのは、「クラスが違う」、「アルヴェルが強すぎる」、「訴求ポイントが違う」といった主に3点が理由だ。

デリカD:5は、サイズ的にはノア/ヴォクシー/エスクァイア(ノアヴォク)以上、アルヴェル未満で、ノアヴォクに近い。5ナンバーサイズを基本としたノアヴォクやセレナ、ステップワゴンよりは少し大きいものの、アルヴェルよりもひと回り小さい。

また、エンジンも2.2Lクリーンディーゼルエンジンと、継続販売されるガソリンエンジン搭載車が2.0L、2.4Lとなっている。一方のアルヴェルは、2.5Lハイブリッド、2.5Lガソリン、3.5Lガソリンと、とくに3.5Lガソリンに代表される静かで豪快な加速も魅力だ。

静粛性はもちろん、超豪華なシートや快適装備の充実ぶりなど、ミニバンというカテゴリーには入るものの、高級車そのものといえる仕上がり。ボクシングでいえば、ヘビー級で、デリカD:5はミドル級くらいだろうか。

高級感では別格のアルヴィル

「アルヴェルが強すぎるから」という点では、日産 エルグランドも販売的には寄せ付けていない状態で、ホンダはエリシオン/エリシオン・プレステージの販売を終了。

広さやシートの豪華さ、「名前」で対抗できるのは、メルセデス・ベンツ Vクラス(現在ディーゼルエンジン仕様は販売停止状態で、限定車のガソリンを導入)くらいだろう。

新型デリカD:5ならではの魅力とは?

階級(サイズや車格)は違うといっても、相撲のように同じ土俵で戦う必要があるのがクルマだ。新型デリカD:5は、美点である2.2Lクリーンディーゼルの最大トルクを360Nmから380Nmに増強し、6ATから8ATに多段化するなど、洗練された走りを実現したとしている。

ガソリン高のいま、クリーンディーゼルエンジンに惹かれる人もいるだろう。ほかにも、意外なほど3列目は広く、サードシートまで大人が座れる実用製の高さも見逃せないポイントだ。

さらに、210mmから185mmに最低地上高が低くなっても依然としてミニバントップクラスの悪路走破性も魅力で、雪道はもちろん、登山やキャンプなどで林道を走る際などでも高い安心感が得られる。ほかにも、環状骨格によるがっしりとしたボディと、高い剛性感から得られる確かな走りも美点。先述したように、アルヴィル、ノアヴォクとは「訴求ポイントが違う」というわけだ。

とはいっても、販売面でライバルに対抗するために大幅なフェイスリフトを受けた新型デリカD:5。販売現場では、以前よりもノア/ヴォクシー/エスクァイアと競合することもありそうで、ど派手な顔つきといえば、アルヴェルよりも、メッキ顔が際立つエスクァイアがとくに競争相手になるかもしれない。

情報提供元: CarMe[カーミー]