貴重な働くクルマがGW中のツインリンクもてぎに勢ぞろい

更新日:2019/05/22

栃木県茂木町にあるモビリティのテーマパーク「ツインリンクもてぎ」において、4月27日(土)〜5月6日(月・祝)まで、働く車の展示・体験イベント「働くクルマ大集合!!」が開催されていました。

GWわくわくフェスタ

ツインリンクもてぎは、一般的にはサーキットとして知られていますが、子供用のカートやバイク、自然環境を利用したアスレチックなど、親子で楽しめる様々なアトラクションが用意されています。

そんなツインリンクもてぎで、この大型連休中に開催されていたのが「GWわくわくフェスタ」。上記の遊戯コーナーやホンダコレクションホール、サーキットなどで様々な体験イベントが開催されますが、中でも注目なのが「はたらくクルマ大集合!!」です。

はたらくクルマ大集合!!

「はたらくクルマ大集合!!」には、郵便配達で使われるスーパーカブから、身近な働く車であるパトカー、救急車、バスはもちろん、超大型のダンプトラックやクレーン車、巨大で重量もある発電機などを運ぶ多軸式トレーラーなど日頃目にすることができない建設機械、さらにサーキットでしか見る機会のないレーシングカーも出展。

展示車両の総数は国内最大級の約100台で、見応えがあることは間違いありません。むしろ子供よりも大人の方が夢中になってしまうかもしれませんね。

イベントは展示だけではなく、実際に運転席に座ったり、高所作業者から落ちてくる水風船をキャッチしたりといった、働くクルマを使ったアトラクションも開催。また、5月5日のこどもの日には、国際レーシングコースで白バイやパトカー、消防車、自衛隊車両のパレードランを実施。

働くクルマが実際に動く姿を間近で体感できる貴重な機会となりました。

情報提供元: CarMe[カーミー]