マツダ、新型のマツダ教習車を発表

更新日:2019/06/13

マツダは新型のマツダ教習車を発表しました。

新型マツダ 教習車のスペック

マツダは、教習生や指導員にとって扱いやすく、正しい運転技量の習得と安心・安全な運転ができることを追求した、新型のマツダ教習車を発表しました。

「人間中心」の開発思想のもと、正しい姿勢で容易に操作ができるように、自然に足を伸ばしたところにペダルを配置。アクセルペダル操作時にかかとの位置がずれにくく、速度調整を容易にするオルガン式アクセルペダルの採用や、ステアリング上下・前後調整機構の標準装備により、様々な体型のドライバーにとって、操作しやすく疲れにくい運転姿勢を可能としました。

また、5ナンバーサイズのコンパクトなボディは、初めて運転する方でも車両サイズや周囲の状況が把握しやすく、交通環境の中で正しく「認知、判断、操作」を習得するに役立つとしています。

さらに、動き出しから高速走行まで、安定感のある走行性能を実現する「GVC(G-ベクタリングコントロール)」を採用し、ドライバーの運転技量によらない、意のままの運転をサポートします。

パワートレインについて

パワートレインは、1.5Lガソリンエンジンの「SKYACTIV-G1.5」に、手動変速機「SKYACTIV-MT(6MT)」あるいは自動変速機「SKYACTIV-DRIVE(6EC-AT)」を組み合せており、運転操作に忠実に反応する滑らかな走行性能を実現。加えて、長時間の講習でも疲れにくい指導員席を目指し、シートや足回りのレイアウトが見直されました。、また、低燃費や耐久性の向上などにより、コスト軽減にも貢献するとしています。

マツダ教習車は、全国のマツダ販売店を通じて4月24日より予約受注を開始し、5月27日から発売されています。

情報提供元: CarMe[カーミー]