より優しいワゴンに進化…ホンダが2代目N-WGNをWEBで先行公開

更新日:2019/06/20

人の温もりを感じるデザインが特徴です。

新型N-WGNとN-WGNカスタムの先行予約を開始

本田技研工業(ホンダ)は、7月に発売予定の新型N-WGN/N-WGNカスタムの情報を、発売に先立ちホンダ公式WEBで先行公開。同時に先行予約も開始しています。

N-WGNは、軽自動車のコンパクトさや経済性は保持しつつ、N-ONEよりもボディサイズと車内空間を拡大。乗降性や車内の快適性、積載性が向上したことにより、幅広い使途に対応できるマルチなモデルです。新型N-WGNは、その性質を初代から引き継ぎつつ、外観を刷新。機能性も向上させています。

新型の特徴

エクステリア(外装)

エクステリアについては、ベーシックのN-WGNでは、凹凸の少ないシンプルなボディに丸型のヘッドライトを搭載することで、親しみやすいデザインとしています。カスタムは、ライトや装飾パーツに四角を多用し、力強さや上質感を表現しています。

インテリア(内装)

今回のフルモデルチェンジの大きなポイントは室内にあります。運転のしやすさに関する機能が強化されており、ハンドルはチルト機構に加えて前後を調整できるテレスコピック機構を採用することにより、ハンドルの上下、前後それぞれ30mmずつ調整が可能。加えてシートの高さも50mmの調整ができるので、あらゆるドライバーが最適なポジションを見つけることが可能です。

安全性能や利便性も向上

さらに運転支援機能も充実。渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロールと、バックでの駐車時に衝突を防ぐパーキングセンサーシステムを装備し、運転者をサポートします。

また、積載性も向上。床を低くすることで荷物の積み下ろしがしやすく、高さのある荷物も積載できるようになりました。さらに備え付けのボードを使用すれば荷室を上下に2分割でき、より効率的に荷室を活用できます。

新型N-WGNは、より人に寄り添ったモデルに進化しました。発売に向けてさらなる詳細が順次公開されていくとのこと。さらにどんな魅力が隠れているのか、楽しみです。

N-WGN(ホンダ)とV90クロスカントリー(ボルボ)とアクセラスポーツ(マツダ)の中古車 ハイブリッド
情報提供元: CarMe[カーミー]