【試乗動画】トヨタ新型RAV4 アドベンチャーで高速試乗!レーントレーシングアシスト等色々試す!

更新日:2019/08/13

みなさんこんにちは!Youtubeで動画配信をしていますroom My hobbyでございます。今回は大注目の新型SUV、トヨタRAV4アドベンチャーにて高速試乗を行いましたのでその模様をお届け致します。

トヨタ新型RAV4は2019年6月の販売台数が7,822台となり、SUV上位を占めていたホンダ ヴェゼルやトヨタ C-HRを押しのけトップに君臨しました。現在売れに売れているトヨタ新型RAV4の注目グレード「アドベンチャー」での高速試乗をご覧ください。

トヨタ新型RAV4 アドベンチャーで注目するところはなに?

新型RAV4を見てまず注目したいところは近年の国産SUVにはないスタイリッシュかつ力強さを感じられる攻めたエクステリアデザインです。そして、内装色はブラック又はオーキッドブラウンから選択でき、随所にソフトパッドが用いられる等高い質感が与えられています。

新型RAV4は機能面でも優れておりラゲッジボードを上下反転させると樹脂製の面が現れ、汚れたものを気兼ねなく積載できる「ギア」として実用的なSUVとなります。もう一つ注目したい点としてパワートレインと駆動方式が挙げられます。

CMや広告等でよく見かけるアドベンチャーのパワートレインはトヨタブランド国内初となる2.0Lダイナミックフォースエンジンと発進ギアを追加したダイレクトシフトCVTが搭載されました。

それにより2.0Lエンジンながらダイレクト感ある走りが可能となり、世界初となるディスコネクト機構を採用したダイナミックトルクベクタリングAWDにより意のままに操れるSUVとして走る愉しさも提供します。

ダイナミックトルクベクタリングAWDってなに?

ダイナミックトルクベクタリングAWDとは走行状況に応じて前後トルク配分に加えて後輪トルクを左右独立で制御し、ドライバーが思い描くターゲットラインを的確に捉え、車両安定性を高め力強い走りを実現するトルクベクタリング機構。

走行状況、路面状況等に応じて後輪に動力を伝達させる駆動系を切り離したり、繋げたりする事で4WD走行や2WD走行を瞬時に判断し最適な駆動方式で走行してくれる世界初の機構になります。

トヨタ新型RAV4アドベンチャーは高い質感を持ちつつ、ギアとして使えワクワクするようなデザイン性や高い走行性能を持ったSUVです。搭載されるエンジンは2.0Lガソリンエンジンながらそれを補うパワートレインにより高速走行でもダイレクト感を感じられ、そして、ダイナミックトルクベクタリングAWDが安定した走りを見せてくれます。

新型RAV4 アドベンチャーは高速試乗でもその魅力を体感できました。しかし、ガソリンモデルにも2.5Lエンジンが搭載されればさらに良かったのにと思うところはあります。

情報提供元: CarMe[カーミー]