免許取り消しになる点数は何点?再取得はいつからできる?

更新日:2019/09/10

免許の現在の点数、皆様きちんと把握していますか。数ある行政処分の中でも、最も重大な処分が免許取消です。ここで免許取消の仕組みを解説します。

文・PBKK

免許取り消しとはそもそもどういう処分なのか?

その名のとおり免許の効力が認められなくなること。

つまりは免許を持っていない状態と同じことです。免停など他の処分とは一線を画す、極めて重い処分であることを認識してください。罰金を支払ったり講習を受ければ元通りになる、というものでもなく、また免許を持つにはかなり時間と労力とお金が必要になります。

免許は何点で取消となるのか

免許取消の点数は、一昔前は一律でしたが今はそうではありません。「前歴」というものの回数で変わります。前歴とは、過去における行政処分の履歴です。言い方は悪いですが「前科」というとわかりやすいかと思います。

ちなみに前歴は過去3年以内の結果に限定されます。前歴が多いと小さな違反でもすぐに免許取消処分を受ける可能性があるのです。度々行政処分を受けるようなドライバーには運転をさせない、という姿勢が読み取れると思います。具体的な回数と点数を見てみると、

前歴回数:点数

0回:15点~

1回:10点~

2回:5点~

3回以上:4点~

前歴がつけばつくほど免許取消までの点数が少なくなるのがよくわかるかと思います。

免許を取り消されてもすぐ取り直せばよいのでは?

取消処分を受けてもすぐ取り直せばいいのではないか。こう考える方もいるかもしれませんが、話はそんな簡単なことではありません。もう一度免許を取るには1年以上の間をあけなければ取得が出来ないのです。これを欠格期間と呼びます。欠格期間も一律ではありません。その内容で決まります。

具体的には、軽微な違反が積み重なった結果免許取消の場合には、最低1年で、最高で5年です。重大な事故または違反によって取消の場合、最低で3年、最大で10年にもなってしまいます。

取消処分を受けてもすぐ取り直せばいいのではないか。こう考える方もいるかもしれませんが、話はそんな簡単なことではありません。もう一度免許を取るには1年以上の間をあけなければ取得が出来ないのです。これを欠格期間と呼びます。欠格期間も一律ではありません。その内容で決まります。

具体的には、軽微な違反が積み重なった結果免許取消の場合には、最低1年で、最高で5年です。重大な事故または違反によって取消の場合、最低で3年、最大で10年にもなってしまいます。

情報提供元: CarMe[カーミー]