【試乗動画】ホンダ新型Nワゴンでワインディング試乗ドライブ!NAモデルでの走りはいかに⁉︎

更新日:2019/10/03

皆さんこんにちは!YouTubeでクルマ動画を配信しているroom My hobbyです。今回は私の新型Nワゴン L ホンダセンシングでワインディング試乗ドライブを行い、ステップダウンシフト制御の使用感や上り坂でのトルク感等をお届けします。

果たして新型Nワゴン NAモデルはワインディングでどんな走りをするのか!?オーナー視点から包み隠さずお届け致します!

文/動画・room My hobby

ステップダウンシフト制御ってなに?

新型NワゴンにはジェイドRSやヴェゼルRSにも採用されているステップダウンシフト制御が標準装備されます。

このシステムは坂道を下って車速が上がった時にブレーキを踏むとシフト操作することなくエンジンブレーキが作動し、クルマがカーブで横Gを検知するとエンジン回転数をキープし、スムーズな再加速を可能とします。

山道などの長い下り坂では、フットブレーキだけに頼りすぎるとブレーキパッドが許容温度を超え制動力が低下したり、ブレーキフルードが熱で沸騰し、その気泡により制動力が低下することがあるため、シフト操作を行いエンジンブレーキの使用が勧められています。

しかし、経験が少ないドライバーがシフト操作をスムーズに行えるか?と言ったら難しいと思います。その様な方々にもこのステップダウンシフト制御が装備されていれば、シフト操作なしにエンジンブレーキを併用できるので安全に走行できると思いました。

ワインディング走行で感じたことってなに?

新型Nワゴン L ホンダセンシングは街乗りでソフトな印象があったため、ワインディングではロールが大きくなり快適に走るのは難しいだろうと予想していました。

しかし、いざ走ってみると、適度にロールはするものの全車標準装備されるフロントスタビライザーの効果により、悪くない印象を受けました。そして、下り坂ではステップダウンシフト制御が良い仕事をし、シフト操作をしなくても快適に走行できました。

上り坂ではNAモデルながら3,000〜3,500回転程度で走行でき、静粛性も高く意外にも快適に走る事ができます。しかし、ECON ONで走行するとアクセル開度が滑らかに整えられ力不足を感じてしまうため、上り坂ではECON OFFで走行した方が良いと思いました。

新型NワゴンのNAモデルでも意外と走れると思いましたが、通勤等で日常的に走る方にはストレスになるかもしれません。そんな方にはターボモデルをお勧めしたいと思います。

新型Nワゴン L ホンダセンシングでワインディング試乗ドライブをしましたが、下りではステップダウンシフト制御のメリットを感じる事が出来ました。そして、上りではNAモデルでも意外と走れるとの印象を受けましたが、日常的に走るのならばターボモデルが欲しいですね。

これからも新型Nワゴン関連の動画を随時配信していきますので、チャンネル登録もお待ちしております。

N-WGN(ホンダ)の中古車
参照:
www.youtube.com/channel/UCBdbcFiq5LP1YsBH9tffbug
情報提供元: CarMe[カーミー]