6.2馬力アップ!?にわかに信じがたいガソリン添加剤、効果があるかパワーチェックで徹底検証してみた。

更新日:2019/12/09

昔から効果があると巷で噂されているガソリン添加剤…。本当に効果があるのか半信半疑の方も多くいらっしゃるかと思います。実際に使ってみたことがある方でも、パワーチェックまでして確かめた方は少ないのではないでしょうか。そこで、今回はCarMe[カーミー]編集部にて、洗車用品メーカーのシュアラスターさんにアポをとりダメもとで検証を依頼したところ、すんなりとOKをいただきました。今回はガソリン添加剤のLOOPパワーショットを検証商品として使わせていただき、その効果を嘘偽りなく読者の皆様にお届けいたします。

ガソリン添加剤の効果検証の方法

洗車用品で知られるシュアラスター。実はボディや内装のクリーニングやコーティングだけではなく、エンジンに関するアイテムを発売しているのはご存じでしょうか。今回、その中からガソリン添加剤『LOOPパワーショット』を検証していきます。

ガソリン添加剤をはじめとするケミカル系アイテムは、正直、本当に効果があるのか?と商品に疑問を持たれている方は多いかと思います。そこで今回、『LOOPパワーショット』を3台の自動車に投入し、パワーチェッカーを使って使用前と使用後それぞれのパワー測定を行い、本当に効果があるのかどうか機械的に検証することにしました。

効果検証するガソリン添加剤 LOOPのメカニズム

ガソリン添加剤と言っても数多くあるため、まずはシュアラスターにお借りしたガソリン添加剤がどのように効果を発揮しているのかを説明いたします。

シュアラスターからはガソリン添加剤として「LOOPスムースショット」と「LOOPパワーショット」の2種類がラインナップされています。いずれもガソリンの給油口から規定量を入れ、その後満タン給油を行うだけという簡単なもので、手を汚す心配はありません。

これを入れると、洗浄成分高純度PEA(ポリエーテルアミン)と、PIBA(ポリイソブテンアミン)というダブルの洗浄効果で、燃焼室や燃料を噴射するインジェクター、吸気バルブに付着したカーボンやスラッジを徹底除去。完全燃焼を促進し、スムーズなアクセルレスポンスやパワーアップ、燃費改善が期待できるというものです。

さらに「パワーショット」の方は特殊潤滑剤の効果で、ピストンなどの可動部がスムーズに動くようになることで振動音の低減がするなどスムーズな走行が体感出来るとのことなので、サーキット走行をする方はもちろんのこと、短距離でストップ&ゴーを繰り返す、街乗りの多い車にもオススメ。ちなみにより効果的にエンジン内の汚れをオフしたい場合は、長距離ドライブの前にインストールし、時折高速道路でシフトダウンしての高回転を維持するような運転をするのが良さそうです。

それでは、早速パワーチェックの結果をお伝えしていきます。今回は3台の車にご協力をいただき、効果検証を行いました。

1台目:日産 S15シルビア で効果は発揮されるのか

1台目は女性オーナー仙田さんのS15シルビア。パッと見たところ、女性が乗っていらっしゃるとは思えない実に男前な外観です。

エンジンはHKS GT2540 タービンをはじめ、東名パワードのカムシャフトなどで武装。ブースト1.0のいわゆる「ドリフト仕様」に仕上げられています。というのも実は今年からドリフトに挑戦するとのことで、まずはスタイルから、といったところでしょうか。

平成11年式で走行距離は15万キロを優に超えている仙田さんのS15シルビアを早速ダイナパックで計測してみると、ノーマルが270.9馬力/トルク40.9kgmであったのに対し、パワーショットを添加すると、277.1馬力/41.5kgmと6.2馬力/0.6kgmと、約2.5パーセントのパワーアップ効果が!しかもLOOPパワーショットにはシリンダー壁面にコーティングを形成してフリクションロスを減らす効果も期待できます。

パワーアップだけでなくエンジンも保護する効果がありますから、サーキット走行時に添加すると力を発揮してくれるのではないでしょうか。

検証結果:6.2馬力アップ

2台目:ホンダ インテグラ タイプR で効果は発揮されるのか

さて2台目は、ホンダ インテグラ タイプR。高回転型のNAエンジンで、しかもホンダチューニングの名門「ホンダツインカム」のコンプリートエンジンを搭載する、走行会仕様の1台に仕上げられています。

ターボチューンと違い、NAエンジンの馬力アップは結構至難の業。ですが、ここでも188馬力から193馬力と5馬力のアップを達成!しかも高回転NAゆえに特殊潤滑効果の恩恵はより享受できるのではないでしょうか。さらにホンダの至宝である自然吸気VTECエンジンを、よりながく使うという意味で表面保護効果はありがたいものです。年式の高い車での洗浄効果によるパワーアップ効果は理解できました。 

検証結果:5馬力アップ

2台ほど少し古い車をベースに検証してみたところ、パワーアップと洗浄効果が確認できました。編集部としては1台ぐらい効果が出ない、もしくは出にくい車もあるのでは?と考え、最近の車を準備してパワーチェッカーにかけてみました。

商品をお借りしたにも関わらず、意地悪なこと考える編集部で申し訳ございませんと思いつつも、『1台ぐらい効果が出ない、もしくは出にくい車もあるのでは?』と、最近の車を準備してパワーチェッカーにかけてみました。

3台目:スズキ スイフトスポーツ ZC33S…新しい車でもガソリン添加剤の効果は発揮される?

3台目は人気のコンパクトハッチであるスズキ スイフトスポーツ ZC33S。テストした車両は平成30年の走行距離8,000キロという1台。もちろん新車ですが、すでにECUや排気系といったところに手が入ったライトチューン仕様です。

さっそくパワーチェックすると、ガソリン添加剤「LOOPパワーショット」を入れただけで、馬力が2.13馬力、トルクは0.44kgmもアップ!しかもよく見ると、トルクの谷が消えて、より綺麗なフィールが得られるようになりました。

検証結果:2馬力アップ

これらのパワーアップ効果について、今回のモデルカーにご協力いただいたオーナー様に感想を聞いてみると「夏場エアコンを入れた時にパワーダウンしたのが復活した」感じに似ているとのこと。他にもアクセルのツキがよくなった等、違いを体験できたようです。

結論:ガソリン添加剤の効果は噂ではなく、本当に効果があった!

今回、シュアラスターはじめ複数の方々にご協力いただき、ガソリン添加剤の効果検証を行いました。検証前は、効果でない車も1台ぐらいあるだろうと思っていましたが、古めの車から最新の車まで見事に効果が発揮されました。

効果検証で使ったガソリン添加剤はシュアラスターのLOOPパワーショット1商品のみのため、世に出回っている全ての商品で効果があると断言できるわけではありません。今後、他の商品含めて効果検証を行っていく予定ですので、ご興味のある方は引き続きチェックをお願いいたします。

情報提供元: CarMe[カーミー]