メーカー選択

最新試乗レポート

ランドローバー ディスカバリー

ランドローバー『ディスカバリー』と言えば...

5人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-07-22up)

フェラーリ 812スーパーファスト

2シーターFRの12気筒フェラーリは、真...

1人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-07-22up)

ホンダ グレイス

『グレイス』はホンダ最小のノッチバックセ...

1人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-07-21up)

トヨタ カムリ

◆こんなセダンが蔓延してくれたら街の景色...

1人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-07-21up)

フィアット 500

野球帽のツバをうしろに回して被った少年み...

1人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-07-20up)

スバル WRX

『WRX』シリーズは元々は『インプレッサ...

1人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-07-19up)

ホンダ フィット

「RS」のネーミングは古の時代からホンダ...

3人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-07-19up)

試乗レポート一覧はこちらへ>>

新車ニュース詳細

【日産 ノートe-POWER】デザインコンセプトはクールテックコンパクト

商品改良がおこなわれた日産『ノート』は、スマートな走り、エネルギッシュなデザイン、安全性と視界の良さ、居住性と積載性という4つのコアバリューがあるという。

そう話すのは、日産リージョナルプロダクトマネージャーの谷内陽子氏だ。そして、「居住性と積載性は好評だったので、この強みは生かしたままほかの三つを強化した」という。

ノートは先代から徐々に販売台数を伸ばしており、「15年度においては9万5000台。このセグメントでは15パーセントのシェアを達成した。また、このセグメントの特徴はハイブリッドが徐々に増えてきていることだ」と説明。そこで、今回新電動パワートレインのe-POWERが追加されたのだ。

コアバリューのひとつ、デザインについて谷内氏は、「コンセプトはクールテックコンパクト。クリーンでハイテク。そして、ダイナミックで躍動感のあるデザインを目指した」という。そこで、日産が世界的に展開しているVモーショングリルをノートにも採用。「フードへきれいにつながるデザインになっており、また、ヘッドランプとの一体感も出ている」と話す。また、リアではブーメランタイプのシグネチャーをリアコンビランプに内蔵。「ボディサイドのキャラクターラインにきれいにつながるようにデザインしている」と谷内氏。

また、フロントバンパー、リアバンパーとも一新。「シャープでコントラストの強いデザインにより、スポーティーさを表現している」と述べる。

フロントグリルについては、「今回e-POWER表現を入れている」と谷内氏。「グリルの内側に青いさし色を入れており、これでe-POWERらしさを表現していきたい」とし、インテリアでも、メーターの青いラインや、シフトノブに青いさし色が入るなど、「未来の走りを予感させるデザインとなっている」と語った。

(レスポンス)11月03日

その他の日産 ノートニュース

その他の日産自動車ニュース

その他の新車ニュース

車買取

Copyright (C) 2010 IRI Commerce and Technology Inc. All Rights Reserved.

ガソリン価格全国平均

ガソリン

レギュラー

ハイオク

中古車人気ランキング

ボディタイプ別

軽自動車
コンパクト/ハッチバック

詳しい情報はこちらへ