メーカー選択

最新試乗レポート

MINI クロスオーバー、カントリーマン

発売当初はサイズが大きめなこともあってM...

2人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-19up)

スズキ ワゴンR

軽の規格改定に適合させてた2代目が登場し...

1人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-18up)

ポルシェ 911

ポルシェ『911』の名のクルマが登場して...

1人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-17up)

トヨタ C-HR

新型『プリウス』と同じプラットフォーム「...

4人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-16up)

井元康一郎 ロングドライブインプレッション

スバルが今年10月に発表したCセグメント...

4人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-15up)

VW ティグアン

このところ、SUV系に萌える私としては、...

2人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-15up)

VW フォルクスワーゲン

VW『パサート』に高性能を示す「Rライン...

1人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-13up)

試乗レポート一覧はこちらへ>>

メディアニュース詳細

【CES 2017】 SDLが本格始動---Google、Appleの対抗となるか

昨年のCESで発表されたスマートデバイスリンク(SDL)は今年、フォードSYNC、トヨタentuneブランドで登場した。

SDLとは、スマートフォンと車載器を接続する規格で、接続するとスマートフォンのコンテンツを車載器に表示して操作ができるものだ。トヨタはCarPlayおよびAndroid には対応しないことを言及しており、事実上それらの接続規格に代わるものとして用意された格好だ。

今年のCESでは、トヨタはEntuneブランド、フォードはSyncブランドの車載器にSDLを組み込んだものが展示された。トヨタの展示では、スポティファイ、グリンプス、スピードパスの3つが動いていたが、フォードの担当者によると150ものアプリが用意されてあると話した。2018年に発売予定だ。

150ものアプリを集めたとは、その本気ぶりがうかがえる。CarPlayも、AndroidAutoも、それほどのアプリ数はない。アプリの数で圧倒し、Apple、Googleの対抗となるか、注目したい。

(レスポンス)01月09日

その他のCESニュース

その他のフォード (ブランド)ニュース

その他のトヨタ自動車ニュース

その他のGoogle グーグルニュース

その他のアップル(Apple)ニュース

その他の注目の記事ニュース

その他のメディアニュース


車買取

Copyright (C) 2010 IRI Commerce and Technology Inc. All Rights Reserved.

ガソリン価格全国平均

ガソリン

レギュラー

120.29円

ハイオク

131.64円

中古車人気ランキング

詳しい情報はこちらへ