メーカー選択

最新試乗レポート

アウディ A5、S5、RS5

“筆舌に尽くしがたい”とは物書きが1番使...

2人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-05-25up)

ボルボ V90

このところ、加速してデザインが滑らかにな...

8人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-05-24up)

DS 5

フランス本国では大統領車としても使われて...

1人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-05-23up)

井元康一郎 ロングドライブインプレッション

トヨタ自動車が今年2月にフルモデルチェン...

13人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-05-22up)

BMW 5シリーズ

BMWはもともと、『3シリーズ』があまり...

6人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-05-20up)

MINI クロスオーバー、カントリーマン

ミニ『クロスオーバー』が新しくなった。驚...

8人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-05-19up)

プジョー 308

オーソドックスなガソリンエンジンや、そこ...

2人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-05-19up)

試乗レポート一覧はこちらへ>>

カーライフニュース詳細

今季最強の寒波到来、ヒートショックのリスクも大

1月20日は、一年で寒さが最も厳しいといわれる大寒。気象庁は2月6日までの1か月予報で「冬型の気圧配置が強まる」「15日前後に今季最高クラスの寒波」と伝え、消費者庁や医療機関は「入浴や移動時の温度差に注意」などと呼びかけている。

◆真冬に襲いかかるヒートショック

寒さがいちだんと厳しくなる日本で、交通事故死者数の3.7倍もの死者を出しているヒートショック関連死。その多くが、入浴中に起きている。寒い脱衣所などと、熱い湯の温度差などで、血圧の急激な上下による心筋梗塞や脳卒中などを引き起こし、突然死に至るというケースだ。

消費者庁は、「家庭の浴槽での溺死者数は10年間で約7割増加。2014年は4866人で、そのうち高齢者(65歳以上)が約9割を占め、特に注意が必要」と伝え、「入浴前に脱衣所や浴室を暖める」「湯温は41度以下、湯につかる時間は10分までを目安に」「浴槽から急に立ち上がらない」「アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控える」「入浴する前に同居者にひと声かけて、見回ってもらう」などの注意を呼びかけている。

◆移動中の急激な温度差、こまめな防寒対策を

新年会や納会、歓送迎会などで酒を嗜む機会も増える1〜3月。民鉄協は昨夏、鉄道係員に対する暴力行為の件数・発生状況についてデータを公表。加害者の6割以上が「飲酒あり」で、曜日別では金曜・土曜が最多という結果が出た。

新宿駅と大阪駅では、「酔っ払って駅員などに詰め寄るという行為のほかに、とくに冬場、電車を降りた途端に倒れるというケースも少なくない」といった声があった。

降雪の少ない関東の医療機関などでも、「電車やバス、マイカーやタクシーなど、暖かい車内から寒い外気へと急に出る場合は気をつけて。とくに飲酒や泥酔時は注意。暖かい空間では上着を脱ぐ、外へ出るさいは防寒着をしっかりと」と伝えている。

◆40代にも赤信号

働き盛り世代もヒートショックに注意という。赤穂化成は昨年末、ヒートショックについての調査結果を発表。東京都23区における入浴中の事故死は、1月が飛び抜けて多く、もっとも少ない8月の約7倍の件数に。年代別では、40代から増加傾向にあり、家庭の浴槽における溺死者数は30代に比べて40代は約2.5倍の件数に達する。

1月第1・第2週は「冬型の気圧配置が強まる」と気象庁。「日本海側では平年に比べ曇りや雪の日が多い」「東日本の平均気温も低い」などといわれ、報道などは「今季最高クラスの寒波」「東京でも週末に氷点下」と伝えている。大寒の前後、急激な温度差がある空間では気をつけて。

(レスポンス)01月11日

その他の気象庁ニュース

その他の消費者庁ニュース

その他の厚生労働省(厚労省)ニュース

その他のカーライフニュース


車買取

Copyright (C) 2010 IRI Commerce and Technology Inc. All Rights Reserved.

ガソリン価格全国平均

ガソリン

レギュラー

ハイオク

中古車人気ランキング

詳しい情報はこちらへ