メーカー選択

最新試乗レポート

トヨタ C-HR

『C-HR』という名前を聞いて、他の某国...

5人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-23up)

スズキ ワゴンR

“ストロング”がテーマという「スティング...

2人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-22up)

マツダ CX-5

スタイリングを見て個人的に連想したのはB...

4人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-21up)

スズキ スイフト

タイトルのように新しいスズキ『スイフト』...

8人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-20up)

MINI クロスオーバー、カントリーマン

発売当初はサイズが大きめなこともあってM...

2人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-19up)

ポルシェ 911

ポルシェ『911』の名のクルマが登場して...

1人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-17up)

井元康一郎 ロングドライブインプレッション

スバルが今年10月に発表したCセグメント...

4人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-15up)

試乗レポート一覧はこちらへ>>

ビジネスニュース詳細

FCAジャパン、年間販売台数が過去最高の2万台超 2016年

FCAジャパンは、2016年(1〜12月)の国内新規登録台数が2万0393台と、初めて2万台を超えて過去最高になったと発表した。

ブランド別販売では、フィアットが6717台、ジープが9388台、アバルトが2240台と、いずれも過去最高を記録した。

過去最高を記録した背景として、フィアットは2015年10月に販売開始したスモールSUVのフィアット『500X』が年間を通して好調だった。ジープはボリュームモデルの『ラングラー』が順調に推移して過去最高の販売となったのに加え、2015年9月に販売開始した新型スモールSUVの『レネゲード』も数字を後押しした。

アバルトは、『595/500』の販売が過去最高だったのに加え、昨年10月に販売開始したスポーツモデルの『124スパイダー』も好調だった。

FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長は「2016年は『正規販売ネットワーク充実化プロジェクト』を開始し、イタリア・ブランド(アルファロメオ、フィアット、アバルト)65店舗、アメリカ・ブランド(ジープ、クライスラー)5店舗を増加し、プロジェクトが順調に進んだことで結果的に年間販売台数2万台超という成果を残せた」としている。

また、2017年は、販売ネットワークのさらなる発展に取り組むとともに、アルファロメオ『ジュリア』をはじめとした新型車を投入する予定。アルファロメオに関しては既存の正規ディーラーに加え新たなディーラーが加わる予定。同社では今後も、ブランド強化と販売増加に向けた取り組みを強化、FCAジャパンとして2019年までに年間販売台数を3万台まで伸ばすことを目指す。

(レスポンス)01月11日


車買取

Copyright (C) 2010 IRI Commerce and Technology Inc. All Rights Reserved.

ガソリン価格全国平均

ガソリン

レギュラー

120.29円

ハイオク

131.64円

中古車人気ランキング

ステーションワゴン

詳しい情報はこちらへ