メーカー選択

最新試乗レポート

MINI クロスオーバー、カントリーマン

発売当初はサイズが大きめなこともあってM...

2人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-19up)

スズキ ワゴンR

軽の規格改定に適合させてた2代目が登場し...

1人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-18up)

ポルシェ 911

ポルシェ『911』の名のクルマが登場して...

1人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-17up)

トヨタ C-HR

新型『プリウス』と同じプラットフォーム「...

4人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-16up)

井元康一郎 ロングドライブインプレッション

スバルが今年10月に発表したCセグメント...

4人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-15up)

VW ティグアン

このところ、SUV系に萌える私としては、...

2人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-15up)

VW フォルクスワーゲン

VW『パサート』に高性能を示す「Rライン...

1人のジャーナリストのレポート掲載
(2017-02-13up)

試乗レポート一覧はこちらへ>>

新車ニュース詳細

【デトロイトモーターショー2017】ポルシェ 911 GTSに改良新型…450馬力ツインターボ

ドイツのスポーツカーメーカー、ポルシェは1月9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017において、改良新型『911カレラGTS』を初公開した。

911カレラGTSは、「911シリーズ」の中で、『911カレラS』と『911 GT3』の中間に位置づけられる。2014年秋、米国で開催されたロサンゼルスモーターショー2014でデビューした。それから2年半を経た今回、改良新型モデルが登場している。

改良新型モデルのハイライトは、『911カレラ』同様、ダウンサイズエンジンの採用。自然吸気の3.8リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンを、3.0リットル水平対向6気筒ガソリンツインターボに置き換えた。

この3.0リットル水平対向6気筒ツインターボは、改良新型911カレラGTSの場合、最大出力450psを発生。排気量を800cc縮小しながら、従来型に対して20ps上回るパワーを獲得した。

改良新型911カレラGTSでは、最も速い仕様の場合、0-100kmh加速は3.6秒と、従来の4秒から0.4秒短縮。最高速は312km/hに到達している。

(レスポンス)01月11日

その他のデトロイトモーターショーニュース

その他のポルシェ 911ニュース

その他のポルシェニュース

その他の新車ニュース


車買取

Copyright (C) 2010 IRI Commerce and Technology Inc. All Rights Reserved.

ガソリン価格全国平均

ガソリン

レギュラー

120.29円

ハイオク

131.64円

中古車人気ランキング

詳しい情報はこちらへ