*

エルグランドライダーハイパフォーマンススペックの『300馬力』は目標ではなく「話のスタート」にすぎない!!(1400キロ走って嫁ぎ先mtgで納得した真価)

539

 3月23日に福岡のイオンモール香椎浜で開催された「AOG嫁ぎ先ミーティングin福岡」
例によって社員の方も大勢参加されているのです!!
 確かに調査会社が集計して、つらつらと数値にした市場調査の結果を見てもいいかもしれませんが
それではちょっと物足りないというか、「その答えに至った経緯、そのにおい」みたいなものが
直接ユーザーと接することでわかるという面もあるのかもしれません。
 こういうところが「不特定多数に評価してもらえる最大公約数」的なクルマ、というよりは
「そもそもそこそこ指示はされているが、もう少し走りの性能を追いかけたい」
「せっかく買うクルマだから、ちょっとこだわりたい。」
そんな声に応えるクルマを生み出せるのかもしれません。

068

ここで、私も改めて
「え、エルグランドにエアロバンパーつけてコンピューターちょこちょこっとやっただけでしょ?」では無いということを教えていただきました。

◎↓1400キロでの中込の所感(メモ)↓◎

横浜の日産グローバル本社でクルマを拝借し、
出雲を経由して福岡まで陸路をひたすら走ってきました。
V6 3500㏄ 300馬力のハイパフォーマンスカーの感想をメモしておきました。
それを一度ここに起こそうと思います。

■すべてにおいて「自然」
・加速、減速、ハンドルの挙動
・ブレーキ、アクセル、手の触れる部分の操作感
・クルマのサイズ自体(5メートル、2トンにもかかわらずすごくなじむ)
・オーディオの音(風きり音・大きなものを引きずっている感じ)
・シートのサイズ
■燃費がいい(アイドリングストップ無いのに31プレサージュの2500よりいいかも?ハイオクだけど。)
■見晴らしがいい
■サンルーフ風切り音少ない
■乗り心地、多くの情報をしっかり伝えてくれる、でもフラット、不快感が無く好ましい。
■車中泊もできる(一人ならその辺の下手なビジネスホテルより快適?)
■クルコン神、一度つけたら次もつけるだろうなあ。
■毎度のことながら電源が多く便利。
■最近乗ったクルマで高い次元でバランスが取れたクルマ。BMW328iGTと肩を並べる丁度よさ
■このクルマでエコモード・・・
勿体無いかもしれないと思いつつ、このクルマの高効率なところが前面に出てむしろ本領発揮。
エコモードにしてもほかのクルマみたいにもたつかず、それでも十分パワフル。
■パワフルなのに燃費がいい⇒何かを追い求めるために、何かを犠牲にすることの無いクルマ。
■ひとたびエコモードを切ると、ちょっと「全国の日産のお店」でかえるクルマでここまでやるか!!
という「ずびびびびび」という排気音とともに、威勢よく走り出す様は一見の価値あり。
□強いて言えばこのエコモードをはずしたときの挙動が最大のマイナスポイント。
サイズを感じさせないような加速は脱兎の如し!!大概のクルマは追い抜いて割り込めるだけの
コントロール性能と加速性能⇒運転が下品になりかねない。

 こんなようなことをメモしていました。そのパフォーマンス、大いに向上していることは、私くらいの人間が乗っても容易にうかがい知ることができました。
このクルマはどういうところを気にして作られたのか。上記の感想の理由は、すべて意図されたものだったことは、開発者の方から伺った話の中で明らかになりました。

「エルグランドライダーハイパフォーマンススペック-エルグランド」の中身とは?

 最初はそのエンジンをちょちょいとコンピュータで300馬力にするだけ・・・という素人考えをもっていました。しかし、こんなにも自然でナチュラルな挙動、似はならないはずです。多少なりとも、急峻で鋭くとげとげしい感じとかがあって、ミニバンの体をなさなくなってくるに違いないのです。その内容について教えていただきました。

●エンジンを300馬力にするとそれに伴ってしっかりとした排気を確保しなければなり居ません。⇒そのためにしたこと
このクルマのナチュラルな加速感はトップスピードだけではつくれないものでした。
関東では、中央道談合坂、東名の大井松田付近などですが、
よほど急でカーブも多い長い登坂、中国地方の高速道路には結構ありました。
そういうところでも、まるで滑走路から離陸する飛行機が次第に高度を上昇させるかのような、
持続的な大トルクを体感できる「とめどない加速」こそがこのクルマの本領であります!!
これを実現するために施されたこと。
①排気系の専用設計
②①を実現するためにはオリジナルのパーツでは干渉してしまうためにやはり専用品を与えられた「オイルパン」
です。そんなに安直な話ではないのがわかります。
さらにこれに伴って、
③専用プログラムを与えられたCVT。
④①~③だけでもすでにかなり高められたパフォーマンスに対応すべく、
専用のVDC(ヴィークルダイナミクスコントロール)。

トップスピードもさることながら、特筆すべきは性能曲線上で300馬力をたたき出したことではなく
むしろ、高効率化されたエンジンが300馬力発生されている状況を得るために「何も捨ててはいない」こと
であり、むしろトルクも2000回以下から全域で拡大されている点であります。
(ちなみに2000回転とは、エコモードでも容易に達する回転数であり、さらに普通のタウンから郊外の国道などの多くで
およそ1300~2000回転ほど、ここでもすでにトルクは大きくなっているのです!!)

IMG_20140323_130207
IMG_20140323_130324

「ハイパフォーマンススペック」の名前は伊達ではありません。
このクルマにとっての「300馬力化」は目的ではなく「ほんのちょっとしたスタートライン」にすぎないことがわかります。
カタログのスペックでも目を引くそのトップスピードではなく、
「その到達の仕方」「加速のプロセス」「普通のクルマとしてあるべき姿」「ミニバンをエクスキューズにしない」
そんな『質を深いところでこだわっている』感じがとても印象的でした。

そして先代同様、こうした高効率化で水を得た魚のごとく走ることができる「心臓」を持ったエルグランドには、それに耐える「筋肉」も与えられています。

⑤専用19インチアルミホイール+専用タイヤ(MISHELIN PRIMACY 3 ST 245/45R19 102W)
⑥専用チューンドサスペンション
⑦専用BODYチューニング
(専用フロントクロスステー、専用リアクロスステー、専用センタークロスバー+YAMAHA製パフォーマンスダンパー(リアクロス))

この専用のトータルでのセッティングが、このクルマをもっと小さなクルマに感じさせ、普通車に引けをとらないハンドリング
をはじめとする、挙動を生み出しているということがわかりました。

要は、やっている内容としてはこういうことである。『え、ALPINA?』

作り出そうとしているキャラクターも、実はかなり「こだわり」以上に「深いところでの質」に共感してくれる人向けの内容だと感じました。
ただそのために「ここまでやるか?」話を聞いて、実際完成したクルマを1400キロも乗り回しておいてもなお、そう自問自答させるような
「侮れないミニバン」オーテックジャパンらしいマニアックなクルマだと思いました。

これなら、世界中のスポーツカーを何台も所有し、カーライフを楽しんでいるものの、家族のことを考えるとミニバンが欲しい。
でもなかなか無くて・・・という方でも、このクルマならもしかすると「うん、まあいいでしょう。」と言わしめるだけのものがあるかもしれません。
それだけの気配りと仕事もされていますし。AMGはセダンはあるが・・・というようなレベルでミニバンを選ぶ際に選択肢に入れていただきたいような
一台だとも思いました。

何しろやっていることは、多かれ少なかれ『アルピナみたいなもの』なのですから。
アルピナはBMWとは保証の内容もサポートシステムも異なりますが、
このエルグランドライダーハイパフォーマンススペックは、
全国の日産のお店で買えるクルマです。そうなると、保証も普通のエルグランドとまったく同じ内容、期間なのです。

600万円になろうとする車両本体価格はかなり高額ですが、これはファクトリーカスタムであるオーテックジャパンが
作るからこそできる価格でしょう。
こういうパフォーマンスのクルマを造ればおそらくさらに数百万円のエクストラを請求されることが
普通であるに違いありません。

説得力ではなく「乗れば納得できる」クルマ
それも箱根往復くらいをつるっとしたくらい、
いつものテストドライブコースだけではなかなかわからない、
「乗らなければわからない」クルマ、秀逸なGTだと思いました。

福岡でこんなお話も伺えてとてもよい経験でした。

007
509

関連記事

06 - 6

メルセデスの4発ディーゼル!E220ブルーテック是非お試しを!

メルセデスベンツE220ブルーテックに乗る! http://t.co/8yKOr3Buyz&

記事を読む

P90187458-lowRes

新型ミニクラブマン、日本にも間もなく?

新しいミニクラブマンが向こうで発表になったようですよ。最近はやりの伝統のシューティング・ブレ

記事を読む

IMG_2022

『注意!』アルファード/ヴェルファイアモデルチェンジに伴い大至急相場下落中です。

今自動車関連で話題のニュースといえば、アルファードとヴェルファイアがモデルチェンジしたこと。これ

記事を読む

273

(お久しぶりです。)リボーン納車ちゃくちゃく

こんにちは。 先日のことです、歩いていたら見かけました。 『クラウンアスリートハイブリッドReB

記事を読む

DSCF5188

2000GTですね…?(オートサロンに行ってきました。)

日曜日で最終日を迎えた東京オートサロン。 今年は入場者数も30万人超えたようですね。 初日、クラ

記事を読む

194

『夢』に近い、と思った。(マセラティ430に試乗しました。)

これのことを書くのは正直気が重い、のであります。 ガタピシするし、操作感にやや重量感はあるものの

記事を読む

020

【12月1日まで!】東京モーターショー2013へどういきます?

前回から東京モーターショーは幕張メッセではなく、東京ビッグサイト 都内お台場の先のような場所にあり

記事を読む

DSCF4734 (900x600)

走る耽美〜ファセル・ヴェガは夢の彼方に

走る耽美 今何でもいいから一台クルマをあげると言われたら (絶対言われないが、クルマ好き

記事を読む

081

高い志・・・フランス車になりたかったに違いない!!

今日は今月16日火曜日まで、 東京港区、田町駅そば、三菱自動車本社で開催中の 時代を生きた名車た

記事を読む

drivinglesson2

次回は3月6日!!『 injured ZEROプロジェクト Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with MAZDA』

injured ZEROプロジェクト Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVIN

記事を読む

このページのトップへ