*

加須でベントレー/ロールスロイスを愛でる。

先週日曜日埼玉県加須市にあるワクイミュージアムに行ってきました。
前々から一度訪れてみたいとは思っておりましたがなかなか機会がなく、
今回楽しみにしておりました。

20140731-145852-53932449.jpg

一年ぶりの再会。
ベントレー/ロールスロイスというと高級車の代名詞。
英国の名車ですが、われわれ遠くはなれた日本人にも縁のある
エピソードを持ったクルマが多数ここにはあるのです。
実は昨年、「コンクールデレガンス」のお手伝いをさせていたとき
ここのコレクションのうちの数台は実際拝見しております。
その堂々とした雰囲気もさることながら、
ほとんど一発始動のコンディション。
もともと堅牢なつくりのベントレー/ロールス・ロイスではあるのでしょうが
安定したアイドリング、今のクルマ同様に普通に使えるレベルを満たした
クラシックカーと言して今も記憶に色濃く残っております。
横浜美術館に展示する際、間近でエンジン音を聞き
展示の位置決めをするのに私のこの手で、二台と同じ価値はない。
そんなクルマ、「タイヤをつけた歴史そのもの」を押したりしたのです。
クルマ好きにしてみたらこんなにうれしいことはありません。
真夏の炎天下の中、走り回ったのは今でもいい思い出です。
そんなクルマ達に出会えたのは、素直にうれしいことでした。
好きなクルマに乗ろう♪

20140731-145853-53933486.jpg
20140731-145853-53933226.jpg
20140731-145854-53934550.jpg

フランスの名車「ファセル・ヴェガ」を購入しました!!
最近とても気になるクルマ、それが
ファセル・ヴェガです。
もともとは金属加工を得意としていた家具工作機械を作っていたこの会社。
他メーカーのクルマのボディの製作などもしていましたが、
第2次世界大戦後、復興を優先するがあまり高級車がどんどんフランスから
姿を消す中、社交界に乗り付けられるクルマとして独自ブランドでクルマを造り始めたのが
ファセル・ヴェガです。
エンジンはクライスラーのHEMIなどを搭載していたものの
華やかで独特の雰囲気のあるボディを架装していました。

images

そんな話をしていたら、
「中込さん、涌井さんのところにヘッドライトヴェゼルがあるよ」
と知り合いの方が教えてくれたのです。
クルマ自体もかなり希少で、あっても高級車。
かってどうするのか?と言う話もあるのですが
これは何かのご縁。
将来「ファセル・ヴェガ」のオーナーになれるように!!
そんな願いとお守りとして購入しました。
はじめ8000円と言われていましたが、5000円で譲ってもらいました。
散財は散財に違いませんが。

20140731-145852-53932709.jpg
20140731-145852-53932967.jpg

ちょっと古いベントレー/ロールス・ロイスに乗りましょう♪
っていうか、乗って来ました。

ベントレーやロールス・ロイスは高級車で、自分には関係ない。
と思っていませんか?
そういう人が多いので新車価格で3000万円前後が主流のこのモデル、
ありえないような中古車相場なのです。
本当に普通のファミリーカー並み。
最近では車好きの方の間で流行っているとのこと。
私も試乗させていただくことにしました。

20140731-150238-54158218.jpg
20140731-150238-54158218.jpg
20140731-150240-54160508.jpg
20140731-150237-54157442.jpg
20140731-150236-54156127.jpg

とっつきにくいかと思ったら、
その恐ろしく大きなクルマは、実は恐ろしく見切りがよく
鼻先さえ収まれば「うなぎか!!」と言うほどするすると狭い路地へも入っていくのです。
いくら名前は、なく子も黙るロールス・ロイスですが
極めてフレンドリー、実に運転しやすいクルマでした。
こんなキング、ロールス・ロイスだからとはいえ、いまどき
レクサスなんかに乗ればもっと静かで、フラットな乗り心地が手に入るでしょう。
しかし、もっている世界と歴史。このクルマでないとならない理由が
「乗ってみるとわかる」のです。
カントリーロード、畑の中の道を走ると心地よいピッチングと
シュアなステアリングのセッティングは、不用意な切り足しを必要としません。
このSZ系と呼ばれるモデル。
セダンでも明らかに「スポーティーだ」と実感できる爽快な瞬間があるのです!!

20140731-150237-54157703.jpg
20140731-150238-54158492.jpg
20140731-150236-54156911.jpg
20140731-150237-54157165.jpg

同じ時代のコンチネンタル。
これはこれで、いまどきの車と比べても負けない。
クルマとしてのあるべき姿を感じました。
個人的には相当好きな乗り味でした。

私は始めて所有した車、メルセデスのミディアムクラスでした。
そのあと脆弱な側面を持ったクルマも乗ると楽しいですが
はじめに「一般的にアガリのクルマ」と言われる
クルマに乗っておくというのは、自分の中に
ある種の健全な基準を形成することにも寄与するので、
そんなに悪いことではないと思うのです。

実は私もあこがれている少し古いベントレー/ロールスロイス。
そのすばらしさ、『世界一の佳作』
少しだけ垣間見た心地がいたしました。

吉田茂さんのロールスロイスの前でスイカを。贅沢なおやつ

20140731-150239-54159031.jpg
20140731-150240-54160802.jpg

ナンバーが今もそのままですね。
これで横浜新道も走ったのでしょうか。
歴史そのものがこのクルマなのです。
涌井館長と一緒にスイカをいただきました。

夕立に見舞われましたが
雨にぬれるロールスロイスもまたいいものですね。皆さんも是非一度お出かけになってみませんか?

20140731-150239-54159564.jpg
20140731-150239-54159837.jpg
20140731-150239-54159291.jpg
20140731-150240-54160508.jpg

好きなクルマに乗ろう♪

涌井コレクション→こんなクルマがいますhttp://www.wakuimuseum.com/home/cars.html

【 涌井ミュージアム 】
〒347-0010 埼玉県加須市大桑2-21-1
TEL : 0480-65-6847 (日曜~金曜日)
E-mail: info@wakuimuseum.com

関連記事

20140716-113258-41578489.jpg

福岡の帰りに有馬温泉!!銀の湯に入る!!~4ヶ月で再び来れるとは!!名車を見た後で『金の湯に立ち寄り』

前回有馬温泉を訪れたのは3月末でした。 どちらかというと屈指の高濃度含有のナトリウム含鉄泉を 楽

記事を読む

041

GTスペックはどこまでの到達難易度に挑めるかを誇りたい

ちなみに「マーチNISMO S」なんだか秀逸なGTカーのような気がしておりましたが、 言ってもマー

記事を読む

12419267_1550043251959919_2652733112672998623_o

[イベント告知]4月16・17日は新山下のイエローハットで「AUTO FESTIVAL」に出ます。

横浜ではクルマのミーティング、いくつもありますよね。そんな中、最近よくいろいろなイベントを開催してい

記事を読む

087

メルセデスとともに過ごす秋・・・

皆様、いよいよ秋めいてまいりましたね。 いかがお過ごしですか? この連休あたり各地では様々なイベ

記事を読む

IMG_20150503_155756

ジューク近況。

また、かなり乗りすぎてしまいました。近況こちらにまとめました。 はからずも、グランツーリズモ。

記事を読む

504

いつ出すか?『今・・・』言わせねーよ!!www(早く出してほしい!86のカブリオレ/スバルクロススポーツ)【TMS2013 】

モーターショーというのはいつもそうですが、実際の市販車両の新車も紹介されますが、 なんと言って

記事を読む

027

ええ!また旅行?いえいえ、ただ単に『只今ごみし陸送中♪』(AOG嫁ぎ先ミーティングin福岡への道)①東京~出雲までの道のり。

先日の福岡香椎浜のイオンモールで開催された「AOG嫁ぎ先ミーティングin福岡」 楽しかったですね♪

記事を読む

IMG_4715

自動車税のグリーン化について。(乗りものニュースさんにも寄稿させていただきました。)

カレントライフさんで時々取り上げているドイツのHナンバーの記事。それにひきかえ日本では・・・というよ

記事を読む

173

5年越し?悲願のディズニーコラボが実現!!(スマートに40台限定で特別仕様車が誕生しました。)

ディズニーとコラボ。 きっとどこのメーカーもしたいと思うに違いありません。 しかし、そこはデ

記事を読む

001

土曜の朝は、クルマ好きと朝食を。

なんだか普段は朝ごはんを抜いてしまったりすることもしばしば。 本当はちゃんと食べないとだめですね。

記事を読む

このページのトップへ