*

出展ブース以上に『販売車』が肉汁多め!!な肉汁祭

なんとなく秋めいてきましたね。
ドライブ日和はいいとして
スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋。
いろんなシーズンでありましょう。
皆さん是非大忙しの秋にしてくださいませ♪

018

私にとっては重要なのが
秋はオペラのシーズンの始まり。
だいたい9月~翌年春までがシーズンです。
この時期は様々な公演、コンサートが目白押しです。
6日土曜日は、池袋の東京芸術劇場に
ヴェルディの「ドン・カルロス」をコンサート形式で上演
というコンサートに行ってきました。
比較的珍しいのではないでしょうか、フランス語での演奏でした。
キャストも素晴らしく、なかなか充実のひと時を過ごすことができました。

019

は、まあいいのですが、
問題は、というか、それどころではないものを見かけたので共有です。
芸術劇場の前の「池袋西口公園」で「肉汁祭」なるイベントが開催されていました。
全国の人気の肉肉メニューが目白押し。やはり「食欲の秋の諸君」が大集合。
昼間っからビール片手に大忙しでがっつり肉の魅力に心酔しておりました!!
小生は、コンサート前ということもあり、赤の他人が真横に来ることから
大変に残念、断腸の思いで参戦を見送ったものの、
見送ったからと言ってみすみす見逃すわけにはいかい極めて重要な
ある意味「イベントの中でもっとも肉汁多め」なものを見つけてしまったのであります。

それは販売車の車種のことです。

IMG_5849

フォルクスワーゲンのオーストリア「クセニッツ社」製のノンステップバスや

IMG_5850

かつて大阪市などでも大活躍。一時大量にヤフオクにも出品されていたバス、
それを肉料理の販売車にするなど。
あなたは小龍包からあふれ出るおつゆを見逃すことができますか?
人として見逃すわけにはいかないのです!人として。もはや人道的な
問題なのであります!!

このキャッチ―な事実に気が付いたので、
愉しそうなイベント横目に参加できない自分をはじめ恨めしく思ったものの、
おかげで、心置きなく気が済み、臭くなる食べ物を食べなくても
コンサートに行くことができました。

ありがとう、クセニッツ!!
ありがとう、ルノーバス!!
www

IMG_5852
IMG_5853
IMG_5851

あ、ちなみにロードスターTHANKS DAYでいただいたバッグ。
早速重宝させていただいておりますよw

関連記事

20140716-113258-41578489.jpg

福岡の帰りに有馬温泉!!銀の湯に入る!!~4ヶ月で再び来れるとは!!名車を見た後で『金の湯に立ち寄り』

前回有馬温泉を訪れたのは3月末でした。 どちらかというと屈指の高濃度含有のナトリウム含鉄泉を 楽

記事を読む

130

メルセデスベンツブースの18台目の展示車

リリースには合計17台、6200馬力の車の展示・・・ と出ていましたが、実はこのブースにはもう一台

記事を読む

P90187458-lowRes

新型ミニクラブマン、日本にも間もなく?

新しいミニクラブマンが向こうで発表になったようですよ。最近はやりの伝統のシューティング・ブレ

記事を読む

IMG_20161025_182345

川崎まで行ったので木更津まで足を延ばし・・・

最近はあまりHUNTにもいかなくなったので、ご無沙汰ですが、おとといになりますか。久しぶりに木更津に

記事を読む

066

『ラ・ボエームのようなクルマ』それがBX。(クリスマスに寄す)

夏のさわがしさが過ぎ去って、 少しずつ秋の気配を感じ始めた頃に やはり私のもとにやってきたシトロ

記事を読む

14692148_1161410043950199_5638269219058701997_o

声楽・オペラの専門誌「ハンナ」に寄稿させていただきました。

少し告知が遅くなりましたが、今発売中の声楽やオペラ中心の音楽雑誌「ハンナ」で、先に行われた「東京音楽

記事を読む

015

「クラシックカーこそシェアする時代」の幕開け?

最近は自動車を所有しなくても 必要な時だけ目的に会ったクルマを所有する。 「レンタカー」や「カー

記事を読む

062

ぼちぼち帰りましょうか・・・

実はこれが一番贅沢だったりするのです。 「ボチボチ帰りましょうか」なのですが、 あさってまで

記事を読む

DSCF4846

あけましておめでとうございます。

皆様明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 年初から友人のお茶屋

記事を読む

サントリーホールは今年で30周年。

第97回 グローバル クラシックコンサート 「創立50周年記念コンサート」に行ってきました。

充実の旅行を提案するグローバル(http://www.gyb.co.jp/policy/index.

記事を読む

このページのトップへ