*

語弊を恐れずに言えば、「新車で買える、私のBXに近いクルマ」

語弊あるでしょうね。
そんなことを言うと。ただ、「つるっと1000キロ」乗ってきて、
こんな感想がココロに残ったのだから仕方ありません。

確かに硬い、いろんなところが硬い。
そして丁度いい、というよりは過ぎている。
でもどうしてでしょう?
小さなこのクルマで、このクルマでするような旅でもない旅をしてみて、
「これでおしまい」は正直寂しかったのです。

少しそんなことを振り返ってみたいと思います。

008

「ほんとにこれDBA-K13かい?」
はい、この車の型式は「DBA-K13改」であります。
普通じゃないのです。
正直のり味はかなり硬い印象です。
しかし、そのショックをすべて体に伝えるか。
そんなことはありませんでした。専用のスポーツシートがしっかりとサポート。
そして吸収してくれています。
そもそもシートのたてつけ自体かなり高い剛性感を感じました。
そしてタイヤはPOTEZAの205/45R16を装着。
その扁平率もさることながらグリップが高い。
何か道路と一体になって走るかのようなものすごい塊り感がありました。
「ガタピシする」で一蹴することができないのは、正直全方向に
実に気配りがされていて、おのおのがしかるべき仕事をしっかりしている。
そんな印象を受けました。

そしてこのクルマNISMO SではミッションはMTになります。
ただこのミッション、ギヤもクラッチも汗臭い重さ、テクニカルさはないのです。
私の好きな比較的「ぽよんぽよん」と動かせる軽い操作感。
今日いきなり乗ってごらん、と言われてもさほど億劫さが無い。
こういうところに「ファクトリーカスタムの妙」が宿っているなと
強く感じるのです。

「改」は改なのですが、誰が「改」をやったか、
もっというと誰を想定してセッティングされた「改」か。
このクルマは、誰も分け隔てることなく、
すべての人に「マーチ風情でグランドツーリングすること」を可能にした
懐の深さを感じずにはいられませんでした。

伏魔殿の116馬力
世の中カタログスペックインフレか!!?といいいたくなるほど、280馬力はおろか
300、400、500馬力というのもさほど珍しくはなくなっています。
しかし、「そもそも116馬力使いこなしていただけますか?」
とでも言われているようでした。
3000回転から上辺りでつなぐと、「飛び出すよううに」加速していきます。
何か無理を圧している感じも無く、普通にさらりと
かっとんで行く感じは乗っていて痛快でした。
それでも不自然さのないブレーキ、すうっと曲がるステアリングと操舵のバランス。
とがらず、鈍くさくない。

繰り返します。素人仕事の改造車ではありません。

燃費はそんなによくありません。
それでもリッター15キロくらいで走らせることは
難しいことではないのです。
なぜさほど、と申し上げたかと言うと。
去年借りたセレナライダーパフォーマンススペックが
レギュラーガスで枚方で給油して蒲郡で給油するまで
紀伊半島を流した時の燃費が一番よくてリッターあたり15キロでした。
・・・・
排気量小さい1500ccエンジンでハイオクとはいえ、
かなり「大きな声では言えない速度」から渋滞などもあった中での燃費ですから
・・・・すみません嘘をつきました。
「全然悪くありませんでした!!」

035

音も心地よく、ドライブすることが楽しいクルマ。それは間違いないことだと思います。
愛車無料査定サービス

小さいが紛れも無くグランツーリズモ。
すいすいとクルマをすり抜け・・・
どこまでも走る。果てしなく走る。
でも眠たくなったら椅子でも倒して車中泊
とまでは行かなくても仮眠を取ります。
この車のシートはサポートがしっかりしていて
サポートが邪魔かと思いきや、案外快適。
目が覚めたら伸びをして「さあ、今日はどこまで行こうかな」
そんなドライブも可能なのです。

このクルマは「マーチであると言う事実を最大限武器にしたクルマ」
ということもできると思うのです。
幅はそんなにありませんが室内高はたっぷり。閉塞感がありません。
車窓も大きくとられています。
車窓の風景の移ろいも、旅の楽しみではないでしょうか。
これは躯体を専用設計のスポーツカーにせず、マーチで完成させたことに
大きな意味を感じるのです。普通のハッチバックで作ったことに大きな意味を感じます。

語弊を恐れず申し上げます。マーチNISMO Sは「現代によみがえるBX」
こんなことを言うと「それは言いすぎ」とかなるかもしれません。
でもどこかでこんな感じあったなあ・・・・あれ、BXもこんなだったよなあ。

そんなにクルマとして過剰なフラットさはないものの「まあフラットな乗り味」
トルクバンドが案外広いので、信号ドラッグレースで一番を死守とか思わなければ
わりとたっぷりとした走りを楽しめます。高速ではやはり5速入れっぱなしでほぼ大丈夫。
シートがいい。
どこまでも走っていたくなる。
疲れたら寝ればいい。

マーチNISMO Sはしっかり硬くて
BXは結構ゆるいけど、なんだかとても似た種類のクルマだなあと思ったりしました。

こんなクルマが180万円以下。
若者もしかり、でもいろんなクルマに乗ってこられた方が
もう一度小さいクルマに乗る、というときの選択肢としてもありだと思いました。

正直に言います。
そのまま伊勢神宮に行き、温泉施設に三箇所立ち寄って、そのまま返却しました。
クルマと共に旅をする。
そんなこともできてしまうのが「マーチニスモS」
図らずもいいクルマ。思わず二度見禁じ得ず。
そんなGTがマーチNISMO Sなのです。

013
135

愛車無料査定サービス

関連記事

20140731-145854-53934550.jpg

加須でベントレー/ロールスロイスを愛でる。

先週日曜日埼玉県加須市にあるワクイミュージアムに行ってきました。 前々から一度訪れてみたいとは思っ

記事を読む

041

GTスペックはどこまでの到達難易度に挑めるかを誇りたい

ちなみに「マーチNISMO S」なんだか秀逸なGTカーのような気がしておりましたが、 言ってもマー

記事を読む

IMG_5927

シトロエンの頂点を見たり!!(シトロエンZXブレークを覗く)

シトロエンZXは、かつてシトロエンのCセグメントをになうクルマとして販売されていました。 伝統のハ

記事を読む

019

「クリーンディーゼル」以前に『漂うメルセデス』

先日メルセデスベンツ日本さんからE350ブルーテックを拝借して 試乗したのはすでにこのブログでもご

記事を読む

20140620-190345-68625686.jpg

いいよ、いいよとは聞いていたが『こんなにいいとは!!』フィアットパンダを試乗させていただきました。

先週末は浅間ヒルクライムの取材にお邪魔してきましたが、 その際、現行のフィアットパンダをお借りし、

記事を読む

025

ちょっと早起きして、回り道をしてから出かけよう♪ 「ダイハツコペンファーストテストドライブ」に参加して来ました。

先週の土曜日、箱根のTOYOタイヤターンパイクを封鎖して行われた 来月発表予定のダイハツ新型コペン

記事を読む

080

JAIA輸入車試乗会に行ってきました【その2】

一言コメントで一通り流すはずだったのですが、ダメですね。 悪い癖、すぐに長くなってしまいます。つい

記事を読む

152

エルグランドライダーハイパフォーマンススペックの『300馬力』は目標ではなく「話のスタート」にすぎない!!(1400キロ走って嫁ぎ先mtgで納得した真価)

 3月23日に福岡のイオンモール香椎浜で開催された「AOG嫁ぎ先ミーティングin福岡」 例によ

記事を読む

557

ええ!また旅行?いえいえ、ただ単に『只今ごみし陸送中♪』(AOG嫁ぎ先ミーティングin福岡への道)③(補足)「サンセットを愛でながら」

少し開きましたが、皆様いかがお過ごしですか? 都内桜がきれいに咲いております。 ん?まあ、このこ

記事を読む

001

BMW320dで、貴重なBMWコレクションを見に行く。①

以前から大阪府堺市で、たくさんのBMWを所蔵していることは存じておりました。 ただ、市民祭りに展示

記事を読む

このページのトップへ