*

ええ!また旅行?いえいえ、ただ単に『只今ごみし陸送中♪』(AOG嫁ぎ先ミーティングin福岡への道)②「750キロ走った先で、150メートルのグランドツーリング」

150メートルのグランドツーリングのための750キロ、そういっても過言ではありません。

376

どういうルートを通ろうかと考えた場合、
この運転体験をしていこうと思うのにそう時間はかかりませんでした。
大遷宮を終えた出雲大社へのアクセスでも活躍する一畑電鉄には、
なんと「運転体験」ができるコースがあるのです。
電車を運転できる!!これはちょっとテンションが上がりますね。
初回の人は座額で簡単にお勉強をした後での運転になりますが、
昨年すでに一度参加させていただいてい僕など、リピーターは
座学無しで遅めの集合時間に集まることになるのです。

中井貴一さん主演の映画「RAILWAYS」の舞台にもなった一畑電車。
体験運転に供される「デハニ50」の53号車も
映画に登場した車両です。

車輪はあるのでクルマと鉄道って似ているところはあるのですが
ただ根本的に違うところは、好きなように、気ままに走れるクルマにたいして、
レールの上はどこまでも走るものの、レールの上しか走れないという側面が鉄道にはあるのです。
このある種の制限こそが、鉄道の魅力を増長しているのです。
まして、街を抜け、知らない遠くの町まで走り、
日が暮れて、夜が明けるまで走る列車もある。
そんな鉄道だからこそ、独特のロマンチックな雰囲気があって
そういう鉄路の上を走るということに独特の価値を感じてしまう、
旅愁と言ってもいいのでしょうか、そんなものを感じるのです。

449

電車を運転することはわたしにとってはとても特別なことです。
本来当然免許を持っている人しか乗れませんが、
この体験運転は本線とつながっていない柵で隔離され場所のなかでのみ体験運転ができるので
問題は無いのです。その全長150メートルのコースを運転することでさえ
私にはものすごい冒険であり、グランドツーリングなのです。
こういうなかなか得がたい体験をしにくるまで旅をする。
クルマの使い方としても正統であると思うのです。
私は、他でできないことができるたびをしたいのです。

397

一年ぶりに運転。だからあたふた。
正直、覚えているかなあ。心配でした。
前に運転したのは1年前。

389

みなで雲州平田駅の車庫の中を横切って行きます。
この日は多数の参加者がいて
その中にはこの日で263回目という、体験運転回数最高記録保持者の
増田さんもお見えになっていましたので一緒に写真をw

alt="1383244_594032544021288_700157071_n" class="alignnone size-medium wp-image-895" />

さすがに増田さんうまいですね。規定の33秒で150メートルを走りきってとまるというのはなかなか至難の業ですが、
数秒程度の前後でさくさく運転されてました。
・・・

458

で小生の番。
「出発進行!」とうごきだしたものの、・・・行き過ぎた!
二回目・・・うう手前だ。

398

電車の運転と言うのは難しいですね。
まして長い、われわれがいつも乗っている電車の運転など、大変だなあと思います。
クルマはブレーキを踏むと、それにあわせてとまってくれます。
しかし、電車のブレーキはそうダイレクトではないのです。
なかなかがコツがつかめないまま終了。
基本的には、運転手さんに任せたほうがいいな。
そういう結論に至りました
次はいつこれるかしら・・・
でも食べ物もお酒もおいしい松江出雲方面。
来る口実があるというのはそれでいいものですね。

ただこの大変古い車両。1929年製です。
営業運転では最後まで電動ドアの装着されず、電車としては最古の手動ドア車でした。
鉄道友の会から1995年にはエバーグリーン賞を贈られています。

405

こういう車両を近くで見れるだけでもうれしいものですね。
昔の人の工業製品を作る際の丁寧さ
「表に出す」「日の目を見る」ことの重み。
そういうものを室内の内装を見ているだけでも感じることができるのです。

431
470

二回目以降だと特典がある運転体験
今回二度目の参加だった私は、一畑電車からバッジ、腕章、あと体験コースの電車の横に名前を掲げてもらえるのです。
あと、毎回、全線一日乗車券はプレゼントされます。

1897858_593979097359966_1960672549_n
495

今時地方の私鉄は厳しい運営を強いられる会社も少なくないでしょう。
一畑電鉄も例外ではないかもしれません。しかし、そういうものに負けないという気概を感じ、
前向きな運営が印象的です。そしてご縁の国出雲路に、また再び来てもらうために
しっかりと考えていると言うことを感じます。
運転体験の詰所の周りには、四葉のクローバーが。
さすがご縁の国、出雲ですね。

379

一畑電車を少しうろうろ。
エルグランドライダーは走っていると食事とるのも忘れてしまうほど。
走っても走っても疲れません。
またマンネリ化しないのです。
しっかり一歩一歩、歩んでいる感じで旅ができる。
ただやわらかいだけではないのはさすがだなあと感心させられます。
そんなクルマだから造作なくきていますが、そうは言っても簡単にこれる場所でもないですから
一畑電車の沿線を少しうろうろすることにします。
●スイッチバックの一畑口駅
そもそも一畑電車は一畑薬師にお参りする人を運ぶために整備されました。
「出雲大社ではないの?」と思ったのですが、
開業当時国鉄の大社線が営業していました。
ですので同じ場所へ行くという申請では認可が下りなかったのではないでしょうか。
一畑薬師への最寄り駅が一畑口駅なのです。

305

今この駅はスイッチバック式に電車が入ってきます。
なぜこのような構造になっているかと言うと。
写真の奥のほうに昔は線路が続いていたのです。

306

上の写真と反対方向、前方の先には宍道湖が広がっています。
右手は電鉄出雲市方面
左手は松江しんじ湖温泉方面です。
かつては、この駅のさらに山側の一畑薬師のところまで線路が延びていました。
ただ戦争中にレールを供出してしまい、以降ここで折り返すことになりました。
その後西日本屈指の遊園地「一畑パーク」などもでき、動物園も併設される賑わいを見せるのですが、
交通の便がいまひとつ、などの理由で客足が遠のき閉園。今ではひっそりしています。

304

かつてレールが敷設されていたところは今では道ができています。

282

せっかくなので先まで行って見ましょう・・・
・・・
なぜ一畑という名称ができたかというと、早くから薬草(お茶)栽培が盛んで
その一番目の畑があったから「一畑」という地名になったのだとか。
・・・
その薬師様のほうへ上がっていくと
雨が雪に変わってきました。

013
004

だいぶしっかりした雪です。路面もぬれているので積もることは無いでしょうが
タイヤが心配。大至急山を下りてきました。
薬師様はあきらめることにしました。
しかしこういうウエットでも安心して乗れるのはさすがミシュランですね。

088

●電化当時から変わらない布崎変電所

341
343
340

電化された当時から姿を変えず、今も稼働中。
登録有形文化財に指定されている建物。
雲州平田駅の隣にある布崎駅の前です。

出雲大社も寄ってみようかと思ったのですが
かなり混雑していたため。
この日のネジロ、宇部の手前の山口市まで9号線をひた走ることにいたします。

557

↑浜田市あたり。

584

↑津和野にて。

出雲から山口までは焼く250キロほど。
サンセットの日本海はとても美しく印象的でした。
日没ではなく、太平洋側で見る日の出以上の風情があるかもしれませんね。

(つづく)

319
443
394

関連記事

253

急激に気温低下!愛車のバッテリー大丈夫ですか?

うううう、ちょっとご無沙汰しております。 急にここに来て締め切りだとか急なタスクが 集中しまして

記事を読む

009

週末の朝は早起きをして。。。(代官山モーニングクルーズに行ってきました。)

最近ではクルマのイベントも多く、 車種ごとのもの、メーカーのようなもの、国ごと、 共通するテーマ

記事を読む

MINICONE_141004 125 (900x600)

MINI CONNECTION 2014に行ってきました。

BMWがMINIを製造するようになって既に3代目。 もはやすっかり、MINIといえばBMWMINI

記事を読む

IMG_7836

すっかり秋・・・

おはようございます。今日は取材でいろいろなお店を回る予定です。少し早めに出ました。雨も降っていないの

記事を読む

214

日産車ってリア-のオーバーハング長かったですねえ♪日産ヘリテージコレクションに行ってきました。

「そういや最近全然見ないなあ・・・」に会えるかも!!? ぱっと思い出せないけれど、子供のこ

記事を読む

062

ぼちぼち帰りましょうか・・・

実はこれが一番贅沢だったりするのです。 「ボチボチ帰りましょうか」なのですが、 あさってまで

記事を読む

subaru fan meeting logo

スバル 初の公式ファンミーティング「SUBARU FAN MEETING 2016」を開催

これは行ってみたいですね!初めての機会だそうですよ!!やはりこういうのは行ってみるのが一番。同行の集

記事を読む

IMG_6304

「性能そこそこ、使い勝手無限大!」今乗っておくべきムルティプラ

皆さんはフィアットムルティプラご存知ですか?日本にも輸入されました。フィアットの小型MPVです。

記事を読む

10340177_947362265354979_6462431117810582558_n

明けましておめでとうございます!!

本年もよろしくお願いいたします。 だいぶご無沙汰してしまいました。モーターショーも終わり、年末進行

記事を読む

25th HB!

Happy Birthday 25歳!!

私のもとにはシトロエンBXがあります。 シトロエンのボディには車体番号とは違う通し番号が刻印さ

記事を読む

このページのトップへ