一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル

ディーラーで車下取りした時の還付金【自動車にかかる税金を解説】

ディーラーで車下取りをした時には自分で支払ってきた税金や保険料についてどのような扱いになるのかが気にかかるでしょう。自動車を購入したときにはリサイクル料もかかります。

このような費用が下取りをしたときにどのように処理されているのかを知っておくことは大切です。下取りのときには消費税がどのように扱われているのかも理解しておきましょう。

愛車を少しでも高く売りたいとお考えの方は、一括査定サイトで愛車の価格を調べることをオススメします。一括査定なら複数の買取業者の査定をカンタン!

パソコンを見ている猫

複数の業者の見積もりを比較して最高買取価格を選んだり、気に入った買取業車に実際に車を見てもらうことで最高価格での売却が可能になります!

目次

車にかかる税金や保険料まとめ

車にかかる税金や保険料まとめ

車を購入したり所有していたりするときには各種の税金や保険料がかかります。

購入時に必要になる税金や保険料

  • ■自動車取得税
  • ■消費税
  • ■リサイクル料

消費税リサイクル料については常に必要になりますが、自動車取得税については50万円以上の自動車を取得した際に課せられます。

ディーラーから車を購入したときに必ず払う費用になっていて、見積もりを出してもらった時点でどの費用についても記載されているのが一般的です。自動車取得税は厳密には新規登録または移転登録を行ったときに納める義務が生じる税金ですが、ディーラーが納税を代行してくれることから購入費用の支払いと一緒に精算されるのが通例になっています。

自動車を利用していく上で定期的に支払いが必要になる税金や保険料

  • ■自動車税
  • ■自動車重量税
  • ■自賠責保険料
  • ■任意加入の自動車保険料

です。自動車税については4月1日時点での所有名義者が5月末日までに1年分を一括して払うことになっています。

ローンなどを利用しているときには名義はローンを利用している金融会社のこともありますが、そのときには使用者であるドライバーが負担するのが原則です。自動車税納税通知書が送られてくるので、それに従って納めることになります。

また、自動車重量税自賠責保険料については車検を行う際に支払うことになっていて、車検を通したときに車検証を手に入れるには次回の車検までの2年分に相当する自動車重量税と保険料を納めるのが規則です。任意保険については加入しないこともできます。

自動車保険料の納め方についても保険会社によって異なっていますが、毎月支払いをするか1年分などをまとめて一括払いする仕組みになっているのが基本です。

愛車を少しでも高く売りたいとお考えの方は、一括査定サイトで愛車の価格を調べることをオススメします。

一括査定なら忙しくて複数の査定業社に査定を依頼する事が難しくても大丈夫!
複数の業者の見積もりを比較して最高買取価格を選んだり、気に入った買取業車に実際に車を見てもらうことで最高価格での売却が可能になります!

自動車税など還付されるものはある?

自動車税など還付されるものはある?

車を利用していく上で支払うことになる税金や保険料、リサイクル料について、車下取りをディーラーに依頼したときに還付されるのかという疑問を抱く人は大勢います。法的な意味での還付を受けられるのは自動車税だけであり、廃車をしたときに所定の手続きをすると残日分について還付を受けることが可能です。

ただし、軽自動車については軽自動車税を納めていますが、これについては還付の対象外とされています。このため、法的な意味で還付を受けるためには下取りでは無理であり、廃車をしなければならないのが原則です。ただし、下取りをしてもらったときにその車が廃車になる場合には自動車税の還付を受けることはできます。

ディーラーがどのようにして下取りした車を使うかはケースバイケースであり、まだ走行距離や使用年数から考えても十分に使える場合には整備をした上で買取業者に売却するか、レンタカーなどとして利用することが多いのが実情です。

しかし、廃車にならなかったら自動車税の還付が受けられないというわけではありません。法律上では4月1日の時点での所有者が納税義務を負いますが、実質的には次の所有者が半年使うのであれば半々で払うのが合理的な考え方です。

このような視点で取り扱ってくれるディーラーの場合には月割または日割で自動車税を折半してくれます。通常は下取り価格の中に含まれていて、明細を見せてもらうと自動車税還付金などといった形で記載されているでしょう。

このような項目がない場合には自動車税の扱いがどのようになっているかを確認するのが大切です。自動車重量税と自賠責保険料についても同様であり、ディーラーによっては日割か月割で残額分を返金して下取り価格に上乗せしてくれます。

また、リサイクル料についても次のオーナーが本来は負担すべきものになるため、返金してくれることがあるので交渉してみるのが重要です。

任意で加入した自動車保険料についても大抵の保険会社では残日数に応じて返金を行ってくれます。保険会社によって規定が異なり、単純に日割や月割ではない場合もあるので注意が必要です。個々に確認する必要はありますが、多くの保険会社では保険料を一部は返金してくれるようになっています。

下取り価格に消費税は含まれているの?

下取り価格に消費税は含まれているの?

一般的に商品の購入をしたときには消費税を支払うことになりますが、車下取りを受けたときに下取り価格に消費税が含まれているのかと疑問に思う人もいます。

しかし、知っておきたいのが消費税に関する原則であり、事業者が商品を個人や事業者に対して販売したり役務を行ったりしたときには消費税を納めるのが義務です。

また、事業者が個人や事業者から資産となるものを購入したときにも課税仕入れとして定められていて消費税を業者が納めなければなりません。この規定に従うと車下取りを依頼する個人には、商品を購入したときと違って消費税を納める義務はないのです。

しかし、事業者としては消費税を含んでいるものとして取り扱わなければなりません。そのため、事業者としては通常はこの消費税分を加味して考えて税込の下取り価格を提案しています。

税金を支払う側ではないのであまり気にかける必要はありませんが、税抜価格として下取り価格が記載されていて、それから消費税を徴収されるということがあらためて行われたらストップをかけて詳細を聞くことが重要です。

まとめ

車には税金や保険料など様々な費用がかかりますが、ディーラーに車下取りをしてもらったときには一部を返金してもらうことが可能です。法的な意味合いでの廃車したときに受けられる還付とは厳密には意味合いが違いますが、自動車税、自賠責保険料、自動車重量税、リサイクル料については業者によっては月割または日割で下取り価格に上乗せしてくれることがあります。

任意加入の自動車保険料についても保険会社に問い合わせると残日分を返金してもらえるのが一般的です。自動車取得税や購入時の消費税については一時的なものなので還付されることはありません。また、下取り価格は消費税について税込で考えられていることは知っておきましょう。

愛車の売却をお考えの方へ

愛車を少しでも高く売りたいとお考えの方は、一括査定サイトで愛車の価格を調べることをオススメします。

パソコンを見ている猫

一括査定なら忙しくて複数の査定業社に査定を依頼する事が難しくても大丈夫!
複数の業者の見積もりを比較して最高買取価格を選んだり、気に入った買取業車に実際に車を見てもらうことで最高価格での売却が可能になります!

あなたの愛車の最高額は?

愛車の売却をお考えの方は、車種・年式・走行距離の状態が近いクルマの買取相場を事前にチェックしておくことがおすすめです!
最高額や平均買取価格もカンタンにわかります。最新の査定情報を確認しましょう!

車買取・車査定・中古車一括査定TOPに戻る