あなたの愛車は今いくら?実績最高額がわかる!!

CT200h (レクサス) の買取相場例
グレード バージョン C
年式 2013年式 走行距離 4.8万km
最高額 134万円
※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。

その他事例をまとめた買取相場情報はこちら!

CT200h (レクサス)

相場を調べて比較してみましょう

完全無料!今すぐ査定依頼スタート!概算価格もネットで分かる!

お電話でのお申込みも受付中! 通話無料:0120-994-996(受付時間:9:30〜18:30 / 平日のみ)

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
の価格があと少しでわかる!
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

個人情報の取扱い利用目的サービス利用規約にご同意の上、確認ページにお進みください。

入力内容の確認

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう!

JPUC車売却消費者相談室 0120-93-4595 中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら
「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。 ※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

CT200h (レクサス) の買取相場・下取り価格

【相場情報更新】

中古車情報サイト車選び.comが提供する中古車管理システムから、全国4000社分の中古車買取・下取り価格データをもとに買取相場を算出!
CT200h (レクサス) の最新の査定情報をご紹介します。

CT200h (レクサス) の買取情報

CT200hの平均買取価格はどれくらい?最高買取価格や最低買取価格は?一般的にどれくらいのタイミングで売却を検討するの?CT200hの買取情報から、気になる「平均買取価格」「最高買取価格」「最低買取価格」「平均売却期間」「平均走行距離」をまとめました。

平均買取価格 1,573,000 ↑(前月比5,000円 / 変動率1%)
最高買取価格 2,353,000 最安買取価格 499,000
平均売却期間 5年9か月 平均走行距離 5.1万km
査定満足度 - 評価:0.0

あなたのCT200hの正確な査定額を調べてみる

CT200h (レクサス) の買取相場一覧 (3ページ目)

CT200hの買取・下取価格データを買取相場表にして一挙公開!グレードやボディー色、年式、走行距離も情報公開されているので、より具体的な価格が分かります。並び替え機能もついて比較が更にしやすくなりました!

車名・グレード 年式 走行距離 カラー 地域 査定時期 査定額
CT200h (ベースグレード) 2011年
(平成23年)
8〜9万km シルバー 北海道 2019年09月 632,000
CT200h バージョン C 2012年
(平成24年)
11〜12万km ブラック 大阪府 2019年09月 630,000
CT200h バージョン C 2011年
(平成23年)
11〜12万km ブラック 大阪府 2019年07月 627,000
CT200h (ベースグレード) 2011年
(平成23年)
10〜11万km ホワイトパール 大阪府 2019年11月 600,000
CT200h バージョン L 2012年
(平成24年)
12〜13万km ブルー 三重県 2019年09月 557,000
CT200h バージョン L 2011年
(平成23年)
6〜7万km ブルー 愛知県 2019年05月 552,000
CT200h バージョン C 2011年
(平成23年)
10〜11万km ブラウン 大阪府 2019年08月 512,000
CT200h (ベースグレード) 2011年
(平成23年)
9〜10万km レッド 佐賀県 2019年10月 499,000
CT200h バージョン C 1988年
(昭和63年)
9〜10万km ブラック 青森県 2019年06月 464,800
CT200h バージョン L 1988年
(昭和63年)
20〜21万km ホワイトパール 埼玉県 2019年07月 420,000
CT200h クールツーリングスタイル 1988年
(昭和63年)
17〜18万km ブラック 福岡県 2019年08月 415,200
※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。お車の状態によって値段は変わるため、実際の買取価格を保証するものではありません。

あなたのCT200hの正確な査定額を調べてみる

CT200h (レクサス) の売却検討時期ランキング

中古車管理システムで集計された過去半年の買取・下取りデータをもとに、どういったタイミングでCT200hを売却検討される方が多いのかランキング形式で公開しています。
最も売却検討されたタイミングは「5年落ち4.4万km走行」のタイミングで、平均買取価格は177.2万円となりました。

順位 売却検討時期 平均買取価格
1 5年落ち 4.4万km走行 177.2万円
2 8年落ち 6.4万km走行 116.3万円
3 8年落ち 8.2万km走行 114.9万円
4 2年落ち 1.2万km走行 386.0万円
5 1年落ち 0.9万km走行 379.6万円
6 2年落ち 1.2万km走行 376.5万円
7 1年落ち 2.1万km走行 338.5万円
8 2年落ち 0.7万km走行 335.4万円
9 2年落ち 1.2万km走行 319.5万円
10 3年落ち 3.2万km走行 287.5万円
※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。

あなたのCT200hの正確な査定額を調べてみる

CT200h (レクサス) のリセールバリュー推移

CT200h人気モデル(型式)をピックアップして、買取価格の推移表を表示しています。
車検を機に車を売却するかご検討中の方はもちろん、今お乗りの車を乗り潰そうか売却しようかお悩みの方も、CT200hの3年落ち・5年落ち・7年落ちのリセールバリューを確認して参考にしてみてください!

    ※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。

    あなたのCT200hの正確な査定額を調べてみる

    レクサスの人気車種買取相場

    コンパクト/ハッチバックの人気車種買取相場(レクサスを除く)

    CT200h (レクサス) 買取の特徴

    CT200h (レクサス)

    中古車市場では若者を中心に人気のCT200h

    CT200hはジャーマンスリーのコンパクトモデルやフォルクスワーゲンゴルフに対抗するレクサスのハッチバックモデルです。ハイブリッド専用車でレクサス初のコンパクトカーだったためとても大きな話題となり、今まで取り込めていなかった30代~40代前半のユーザーを増やすことに成功しました。RXに続いてリモートタッチが採用されています。

    Cセグメントで販売台数を伸ばし続けていてるジャーマンスリーやフォルクスワーゲンに対し、日本展開時から噂されていたレクサスのCセグメントモデルが、2009年にコンセプトカー「LF-Ch」として発表、翌2010年3月に市販モデルが発表されました。ハイブリッド専用モデルなためガソリン車と比べてバッテリーを余分に積んでいますが、ライバルのBMW1シリーズやアウディA3よりもラゲッジスペースが広く、後席を倒すと最大960Lものスペースを確保できます。前期モデルは4代目GS前期と同じくスピンドルグリルを二分割したようなグリルを持ち、レクサスのデザイン言語である「L-Finesse」が随所に取り入れられています。2011年には専用のエクステリア、インテリアデザインと専用サスペンションが与えられたスポーティグレード「FSPORT」が登場し、2012年には上級グレードの装備向上やエクステリアカラーの追加が行われました。2014年1月に初のマイナーチェンジが行われ、完全なスピンドルグリルに変更になったほか、細かな傷を自己修復する「セルフリストアリングコート」を採用しました。また、ボディ剛性の大幅な強化により前期に比べて乗り心地が良くなっています。インテリアは様々なカラーを用意し、全80通りものパターンから選択することが可能になったほか、オーナメントパネルには竹の風合を前面に出した「バンブー」が追加されました。2017年8月には2度目のマイナーチェンジが発表され、スピンドルグリルはより立体的になりヘッドライトの配光パターンが大きく変更されています。ナビゲーションモニターは後期NXや後期ISと同じくワイドモニターが装着され、設定画面の画像を最適化したことで使いやすさが格段にアップしています。

    CT200hの人気モデル・グレード

    そんなCT200hですが、中古車市場では若者を中心に人気があり、リセールバリューの高いモデルとなっています。ここでは人気グレードや買取で有利になりやすいオプションを紹介します。

    人気グレード・FSPORT

    「FSPORT」は、専用のデザインとスポーツサスペンションが装備されたレクサスのスポーティグレードです。グリルが専用のメッシュとなり、フロントフェンダーとステアリング下部には「FSPORT」のロゴが装着されます。後期はグリルのメッキパーツがダーククロームに変更され、リアバンパーには専用のメッシュタイプのパーツが付き、よりスポーツ志向の高いデザインに変更されています。

    高級オーディオシステム

    CT200hには他のレクサスのモデル同様「“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム(versionL、FSPORTのみ)」を選ぶことができます。標準のオーディオに比べて臨場感が増し、それぞれの楽器が際立って聞こえてきます。中古車市場では人気の高いオプションのため、査定の際に有利になる傾向にあります。

    モデリスタ、TRD

    ディーラーオプションのドレスアップパーツとしてモデリスタ(前期、中期のみ)とTRD(中期、後期のみ)が用意されており、どちらも高額で人気があるため査定で有利になりやすいと言えます。

    CT200hの中古車相場の傾向

    安定した買取相場のCT200hですが、5万キロを超えてしまうと大きく値下がりします。また、10万キロを超えるとさらに下がってしまいます。CT200hにはニッケル水素バッテリーが搭載されていますが、世間一般で言われているバッテリーの交換は、特別変わった問題が起こらない限り20万キロでも交換の必要はないため、新品でなくても査定に響くことはありません。その他には、車検の有無やディーラーの保証が残っているかどうかで多少金額が上下することがあります。上記の人気グレード以外や人気オプション非装着車でも、ほかのオプションが多くついていることによりプラス査定してくれる場合がありますし、2012年と2016年に登場した特別仕様車は同年式の平均相場よりも高くなりやすい傾向にあります。2018年、レクサスの新しいコンパクトSUV「UX」がジュネーブモーターショーで発表されます。そこで以前から言われているのがCTの消滅です。しばらくはUXと併売していく可能性が高いですが、CTのフルモデルチェンジは行われないという見方が強まっており、レクサスは毎年夏~秋にかけて新型モデルの国内投入や年次改良を発表することが多いため、そこでCTの進退が発表される可能性があります。仮にCTの消滅が決定すると、後期モデルを中心にCTの買取相場が一時的に上昇する可能性があります。

    あなたの車の最高額を選ぼう!! 全国の200社を超える買取店のうち最大8社が一括査定!!

    お申し込みいただいた内容を元に提携査定会社より、買取相場情報や出張査定のご案内をメールまたはお電話でご連絡致します。

    一括査定を依頼する(無料)

    お電話でのお申込みも受付中! 通話無料:0120-994-996(受付時間:9:30〜18:30 / 平日のみ)

    1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう!