あなたの愛車は今いくら?実績最高額がわかる!!

キャンター (三菱ふそう) の買取相場例
グレード パッカー車
年式 2010年式 走行距離 7.0万km
最高額 34万円
※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。

その他事例をまとめた買取相場情報はこちら!

キャンター (三菱ふそう)

相場を調べて比較してみましょう

キャンター (三菱ふそう) の買取相場・下取り価格

【相場情報更新】

中古車情報サイト車選び.comが提供する中古車管理システムから、全国4000社分の中古車買取・下取り価格データをもとに買取相場を算出!
キャンター (三菱ふそう) の最新の査定情報をご紹介します。

キャンター (三菱ふそう) の買取情報

キャンターの平均買取価格はどれくらい?最高買取価格や最低買取価格は?一般的にどれくらいのタイミングで売却を検討するの?キャンターの買取情報から、気になる「平均買取価格」「最高買取価格」「最低買取価格」「平均売却期間」「平均走行距離」をまとめました。

平均買取価格 1,541,000 ↑(前月比426,000円 / 変動率48%)
最高買取価格 5,394,000 最安買取価格 50,000
平均売却期間 12年1か月 平均走行距離 15.6万km
査定満足度 - 評価:0.0

キャンター (三菱ふそう) の買取相場一覧 (9ページ目)

キャンターの買取・下取価格データを買取相場表にして一挙公開!グレードやボディー色、年式、走行距離も情報公開されているので、より具体的な価格が分かります。並び替え機能もついて比較が更にしやすくなりました!

車名・グレード 年式 走行距離 カラー 地域 査定時期 査定額
キャンター キャンター 1988年
(昭和63年)
11〜12万km ホワイト 愛知県 2019年08月 568,000
キャンター 4.6 ダンプ 全低床 ディーゼル 1995年
(平成7年)
3〜4万km ホワイト 群馬県 2019年09月 567,000
キャンター (ベースグレード) 2005年
(平成17年)
5〜6万km ブルー 千葉県 2019年09月 567,000
キャンター 車載車 1988年
(昭和63年)
36〜37万km ホワイト 青森県 2019年08月 564,000
キャンター キャンター 1988年
(昭和63年)
19〜20万km ホワイト 北海道 2019年06月 564,000
キャンター (ベースグレード) 2011年
(平成23年)
8〜9万km イエロー 千葉県 2019年07月 561,000
キャンター ダンプ 1988年
(昭和63年)
31〜32万km ブルー 北海道 2019年08月 560,800
キャンター 車載車 1988年
(昭和63年)
6〜7万km ブルー 栃木県 2019年07月 560,000
キャンター キャンター 1988年
(昭和63年)
14〜15万km ホワイト 千葉県 2019年07月 558,400
キャンター キャンター 1988年
(昭和63年)
12〜13万km ピンク 岩手県 2019年06月 552,000
キャンター 高所作業車 2006年
(平成18年)
11〜12万km ホワイト 茨城県 2019年08月 547,000
キャンター 3.0 全低床 DX ディーゼル 2005年
(平成17年)
8〜9万km ホワイト 埼玉県 2019年09月 547,000
キャンター 5.2 ワイド ロング 全低床 DX ディーゼル 1988年
(昭和63年)
7〜8万km ホワイト 兵庫県 2019年06月 544,000
キャンター キャンター 1988年
(昭和63年)
9〜10万km ホワイト 大分県 2019年07月 540,800
キャンター 4.2 ダンプ 高床 ディーゼル 1988年
(昭和63年)
23〜24万km グリーン 新潟県 2019年07月 540,000
キャンター ダンプ 2005年
(平成17年)
10〜11万km ブルー 東京都 2019年07月 538,000
キャンター キャンター 1988年
(昭和63年)
13〜14万km ホワイト 滋賀県 2019年06月 532,000
キャンター キャンター 1988年
(昭和63年)
11〜12万km ホワイト 埼玉県 2019年07月 524,000
キャンター クレーン 1988年
(昭和63年)
0〜1万km ホワイト 高知県 2019年06月 524,000
キャンター クレーン 1988年
(昭和63年)
9〜10万km ホワイト 愛知県 2019年07月 520,000
キャンター 4.2 ダンプ 高床 ディーゼル 1988年
(昭和63年)
17〜18万km ブルー 山口県 2019年07月 520,000
キャンター ダンプ 2005年
(平成17年)
14〜15万km ホワイト 京都府 2019年06月 519,000
キャンター キャンター 1988年
(昭和63年)
16〜17万km ホワイト 長崎県 2019年07月 513,600
キャンター 4.9 ワイド ロング ディーゼル 2006年
(平成18年)
16〜17万km ホワイト 千葉県 2019年05月 507,000
キャンター ダンプ 1988年
(昭和63年)
19〜20万km ブルー 福島県 2019年06月 500,800
キャンター (ベースグレード) 2003年
(平成15年)
6〜7万km ホワイト 茨城県 2019年07月 496,000
キャンター 高所作業車 1988年
(昭和63年)
25〜26万km ホワイト 広島県 2019年08月 494,400
キャンター (ベースグレード) 2006年
(平成18年)
17〜18万km ホワイト 茨城県 2019年11月 486,000
キャンター 5.2 ダンプ 全低床 DX ディーゼル 1988年
(昭和63年)
19〜20万km ブルー 和歌山県 2019年07月 484,000
キャンター ダンプ 2010年
(平成22年)
15〜16万km ブルー 京都府 2019年10月 477,000
※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。お車の状態によって値段は変わるため、実際の買取価格を保証するものではありません。

キャンター (三菱ふそう) の売却検討時期ランキング

中古車管理システムで集計された過去半年の買取・下取りデータをもとに、どういったタイミングでキャンターを売却検討される方が多いのかランキング形式で公開しています。
最も売却検討されたタイミングは「0年落ち0.1万km走行」のタイミングで、平均買取価格は262.8万円となりました。

順位 売却検討時期 平均買取価格
1 0年落ち 0.1万km走行 262.8万円
2 0年落ち 0.1万km走行 254.8万円
3 1年落ち 0.1万km走行 536.9万円
4 12年落ち 16.2万km走行 65.9万円
5 11年落ち 26.0万km走行 1,382.5万円
6 1年落ち 0.1万km走行 619.5万円
7 2年落ち 1.0万km走行 582.5万円
8 1年落ち 0.1万km走行 519.3万円
9 0年落ち 0.1万km走行 512.9万円
10 0年落ち 0.1万km走行 453.3万円
※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。

キャンター (三菱ふそう) のリセールバリュー推移

キャンター人気モデル(型式)をピックアップして、買取価格の推移表を表示しています。
車検を機に車を売却するかご検討中の方はもちろん、今お乗りの車を乗り潰そうか売却しようかお悩みの方も、キャンターの3年落ち・5年落ち・7年落ちのリセールバリューを確認して参考にしてみてください!

    ※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。

    三菱ふそうの人気車種買取相場

    トラックの人気車種買取相場(三菱ふそうを除く)

    キャンター (三菱ふそう) 買取の特徴

    キャンター (三菱ふそう)

    世界展開している小型トラック「キャンター」

    三菱ふそうのキャブオーバー型のキャンターは、日本のみならず、世界展開している小型トラックです。キャンターは、世界が賞賛する世界初のデュアルクラッチトランスミッションのデュオトニックを搭載し、瞬間的な変速でドライバーの負担を軽減し、燃費効率を最大化します。環境性能もブルーテックが搭載され、排気ガスをクリーンにします。最新技術を駆使したキャンターの特徴、人気グレード、買取相場の傾向までご紹介します。

    三菱ふそうブランドが製造する車で、唯一欧州でも販売されているのキャブオーバー型の小型トラックが、キャンターです。キャブオーバーとは、エンジンの上に運転席がある車です。キャブとは、運転性や車内空間を意味する英語Cabinの頭文字です。そのトラックが、キャブオーバー車となります。初代キャンターは1963年に製造販売され、幾度ものモデルチェンジを経て、2010年には8代目キャンターまで登場しています。キャンターの名前の由来は、英語のCanter、緩やかな駆け足や小走りという意味からきているようです。8代目キャンターは、小型トラックで世界初のデュアルクラッチトランスミッションのデュオトニック機能が搭載されています。デュオトニックはトラックやバス専用のデュアルクラッチトランスミッションです。ギアの変速が瞬間的なので、変速時の揺れやストレスを最小限にして、ドライバーの負担を軽減します。

    環境面や燃費面でも効率化されます。燃費効率も最大化されるので、コストパフォーマンスも大幅に改善されます。また、メルセデスベンツと同じブルーテックシステムが搭載されています。このブルーテックシステムにより、省燃費性が向上し、排気ガスのクリーン化も実現しています。さらに、ブレーキには、全車種にブレンボ社製ディスクブレーキを採用しています。ブレンボは世界一ともいわれるブレーキメーカーで、圧倒的なブレーキ性能と美しいデザイン性が有名なイタリアが誇る一流ブランドです。

    大きな荷物を安全に届けるために進化し続けたキャンターは、ドライバーの疲労を軽減し、ゆとりのあるインテリアと車内空間が確保された、安全性と快適性の極めて高い車です。燃費性能も最高レベルまで効率化し、燃料コストも削減しています。ブレーキシステムも一流のブレンボ製を搭載しています。キャンターは、三菱ふそうの技術の結晶と企業努力が詰まったエコロジーでエコノミーな一台です。

    キャンターの人気モデル・グレード

    キャンターのベストグレードは、カスタムグレード

    同クラストップレベルの燃費性能と安全性、ブレンボのブレーキ性能を搭載しているキャンターには、6つのバリエーションと2つのグレードがあります。それぞれの違いを説明しながら、ベストグレードを紹介していきます。

    キャンターの6つのバリエーション

    キャンターは6つのバリエーションから用途に応じて自由に選択することができます。最新のモデルを見てみると、2018年モデルのカーゴ・ダブルキャブ・ハイブリッドのタイプ、2016年モデルのダンプ。さらに2016年モデルのドライバン・保冷と冷凍バン、キャリアカー、EX、そしてアクセサリの6つが選択可能です。

    キャンターの2つのグレード

    キャンターには2つのグレードがあります。スタンダードグレードとカスタムグレードの2つです。スタンダードはベーシックな仕様で、カスタムの方がクロムパーツなどを増やし、より上質な仕様に仕上げられています。

    キャンターのベストグレード

    キャンターのベストグレードは、カスタムグレードです。車内空間がより快適で高級な仕様になっています。キャンターのカスタムグレードは、安全性・環境性能・燃費性能・車内空間どれを取っても一流の軽トラックといえるでしょう。

    キャンターの中古車相場の傾向

    世界各国が賞賛する最先端の環境技術、ブルーテックテクノロジーの採用。より運転しやすく快適になったデュアルクラッチシステムのデュオトニックの搭載で燃費性能も同クラストップの燃費性能。仕事がはかどる上質で落ち着きのあるコックピットとインテリア。すべてにおいてしっかりと作り込まれた小型トラックがキャンターです。

    そんなキャンターの買取相場の傾向をみると、中古市場でも高値で売れています。キャンターは日本国内のみならず、非常に性能が良く信頼されていることから、海外でも販売が好調です。耐久性もあり、10万km以上は余裕で走ることができるので、ハードな業務でも人気があります。トラックは商用車なので、普通車と違って1年中需要があります。企業が大量購入することもありますので、一気に在庫がなくなることもあります。キャンターの買取は、年式やモデルによって買取価格が変わってきますので、一概にこれが高く売れるという断言はできない車です。キャンターの売却を検討している場合は、早めに査定に出してみることをオススメします。キャンターの場合は走行距離数の多い車でも、思ったよりも高値で売れることもあります。キャンターはかなり需要が安定している車種です。できるだけ綺麗な状態にして出せば、買取相場で有利に働きます。