車買取豆知識

車買取豆知識

「車買取」のビジネスがはじまる前は、クルマを乗り換える時、乗っていたクルマは下取りしてもらうのが当たり前でした。お金になったとしても値引きの一部、値引きの延長でしかありませんでした。

もう少しクルマ自体の価値を見極め買い取ったらビジネスとしても成り立つだろうし、ユーザーのメリットも多いのでは…そういう発想から車買取ビジネスが生まれました。そんな車買取に関する豆知識、是非知っておいていただきたいですね。

皆さん、クルマを売却するとお金に換金されるだけだと思っていませんか?実はそれだけではありません。

未経過自動車税の還付が受けられる場合もあるのです。

通常だと4月1日時点でのオーナーが一年分を収めるのですが、年度の途中で売却した場合はその残りの未経過自動車税を返してもらうことができます。(地域によって還付の手続きが違うので買取金額にこの分が含まれる場合もあります)

買取の契約書では注意してこの部分を確認しておきましょう。(軽自動車の場合、厳密には自治体によって税金の金額も微妙に変わる場合があることと、月割りという考え方がありませんので還付の制度はありません。)

また、買取店はクルマを買い取ることだけがビジネスだから、「うちのクルマは古いし、かなりぼろぼろで、いい装備もついてないから買い取ってくれない」と思っている方がいらっしゃるでしょう。

繰り返しますが、「買取できるかできないか勝手に判断してはいけません。判断は必ず買取店にしてもらいましょう」自分で判断してしまうと想像以上に価値があるクルマを手放してしまうことになるやもしれません。

大事な愛車とお別れするのですから、一番評価してくれる買取店を見つけてあげましょう。

「車買取豆知識」のコンテンツ一覧

「自動車税の還付が受けられます」ということをご案内しております。自動車税は春に一年分納めますが、売却時期はまちまちです。自動車税未経過分に関しても通常還付されます。ただ、還付といっても、お客様に申請をお役所でしていただくのではなく、一般的には通常買取り金額の中に含まれます。手続きが煩雑だということ、また地域によっては、移転登録(廃車にしないで名義変更して中古車として再び乗る時の登録)では還付できないといった制度上の事情もあり地域間の不公平さをなくす意味で、買取り店での買取り金額の中に含めるのが一般的なのです。

「廃車にするから買取査定をすることはない」これはとても勿体ないことです。買取できるかどうかはご自身で判断せず一度査定だけはしてもらいましょう。古いクルマでも案外需要があり買取りされる場合がありますし、また買取りできない場合でも買取店で廃車の手続きをしてもらうことができます。さらに買取店で廃車予定のクルマの査定をするメリットと言えば、最後の最後に「廃車にする」か「買い取ってもらう」か、どっちが得か「比較できる」事ではないでしょうか。かかる費用、還付の額、手間、それを含めてトータルで判断というのはいかがでしょう?廃車予定だからこそ、買取店を利用しお得に手続きしてみましょう。

最大8社へ見積り依頼!実績最高額がわかる!! 実績ある車買取専門店が査定します! 車選び.comの一括査定なら約20万円お得! ※1 買取相場の掲載台数第1位(2017年2月現在 自社調べ) ※2 中古車メディア「車選び.com」の運営実績10年以上 ※3 2017年10月ユーザーアンケート実績

完全無料!今すぐ査定依頼スタート!概算価格もネットで分かる!

お電話でのお申込みも受付中! 通話無料:0120-994-996(受付時間:9:30〜18:30 / 平日のみ)

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
の価格があと少しでわかる!
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

個人情報の取扱い利用目的サービス利用規約にご同意の上、確認ページにお進みください。

入力内容の確認

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう!

JPUC車売却消費者相談室 0120-93-4595 中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら
「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。 ※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。