キズは直しておくべき?

キズは直しておくべき?

キズを修復しても車の価値はさほど変わりません。費用も時間も掛かることを考えると損する場合がほとんどです。

キズを直さないよりは直すほうが買い取り価格が高くなる可能性はないこともないですが、キズの修理にかかる費用を買い取り価格が上がった分では回収できない場合が大半です。

その理由は、買取業者はたいていの場合自社の修理工場や提携している修理工場があり、そこで格安でキズなどが修理できるからです。クルマの所有者が別の修理工場に修理を依頼すると、その修理費には板金や塗料などの原材料費に加え、工賃などの人件費が含まれています。この人件費の分が、買取業者の自社工場などで修復する場合と比べると割高になってしまうのです。

また、クルマのキズを他の工場で修復してから買取業者にクルマを持ち込む場合と、直さないままクルマを持ち込み、買取業者の自社工場などで修理した場合とでは、たいてい後者の場合のほうが時間の短縮になります。
クルマは新しければ新しいほど価値が高くなりますので、この点からもキズは修復しないまま買取業者に売ったほうがいいということになります。

特に、輸入車の場合は、時間の経過による価値の下落の速さは国産車よりも急激ですし、修復費も国産車と比較して非常に高くなる傾向がありますので、愛車を売ると決めた場合は、キズは直さず、速やかに売るようにしましょう。

さて、実際にはキズがついたからといってそのクルマをすぐに売る人は多くはないでしょう。そのまま乗り続け、中には修理するという方もいると思います。
そのようなクルマを売るときには、修復歴があることをきちんと買取業者に伝えましょう。

修復歴があることをごまかそうと思っても、クルマの査定をする査定士さんは毎日クルマを見ているプロです。修理歴のあるクルマはすぐにわかってしまいます。

隠したくなる気持ちもわかりますが、そうされると査定士は依頼人に対する信頼感を乏しくしてしまい、他にも何か隠しているのではないかと査定態度を厳しくします。そして、リスクを減らすために、問題にもしていなかったような小さなキズまで査定時の減点の対象とし、より低い査定金額を提示するようなことになるかもしれません。

クルマを売るときはキズは直さずに、直した場合は正直に申告するということが、クルマを高く売るコツです。

1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう!

このページのトップへ