入力にかかる時間は?

入力にかかる時間は?

最寄りの業者選定のためにご住所をお願いします。後はクルマの種類や年式、走行距離など。所要時間は約45秒です。

一括査定サービスの入力画面に入力するときに必要になりますので、自動車検査証(車検証)、クルマの車名とメーターを確認しておきましょう。車検証からは年式を確認し、メーターで走行距離を確認します。自分のクルマの車名は覚えている方がほとんどだと思いますが、エスティマエミーナとエスティマルシーダのように似ている名前もありますので、忘れてしまった方はクルマについているロゴを確認しましょう。

それでは、各入力項目についての説明をしていきます。クルマに関する情報の入力は、キーボードをつかって入力するのではなく、プルダウンメニューから選択する場合がほとんどですので作業は簡単です。住所や電話番号、氏名といった個人情報についてはキーボードで入力します。

まず、クルマに関する情報の入力について説明します。

クルマの種類は次の順序で入力していきます。プルダウンメニューで選択する場合が多いです。

  • 1、国産車か輸入車の区別を選択します(ない場合もあります)。
  • 2、トヨタやホンダといったメーカーを選択します。この選択を省くと、次の車名の選択ができません。
  • 3、各メーカーごとの車名を選択します。プリウスとかステップワゴンといったそれぞれのメーカーの車名が候補としてでてきます。

年式の入力画面ではキーボードをつかって入力するか、プルダウンメニューで年号を選択します。
年式とは、クルマの製造年による型のことです。車検証では、「初年度登録年式」の箇所に書かれている年月がそれにあたります。一般的に、年式は古ければ古いほど買い取り価格が低くなります。

走行距離はキーボードを使って入力するか、プルダウンメニューで選択します。
走行距離は距離が長ければ長いほど、買い取り価格は低くなります。走行距離が10万キロ以上になりますと買い取り価格がつかないこともあるようです。

次に個人情報についての入力について説明します。キーボードで入力する場合がほとんどです。入力する個人情報は、氏名、住所、電話番号、e-mailのアドレスなどです。

すべての入力が終わって、見積もり金額が届くのを待つばかりとなりますが、電話かe-mailで回答がきます。買取業者からは、だいたい、その日のうちか次の日に回答が来ます。

1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう!

このページのトップへ