中古車・中古車販売(検索)なら車選びドットコム!
豊富な中古車情報と画像&動画で検索可能!

車に関する質問にプロが答える「教えて車屋さん」
車に関する質問にプロが答える「教えて車屋さん」

ボディーのウロコ汚れ除去についてお伺いします。 ボディーについた頑固なウロコ汚...

majo6594 さん

投稿日:2021.04.24 00:02:11

質問ID:4774

ボディーのウロコ汚れ除去についてお伺いします。

ボディーについた頑固なウロコ汚れがとれなく苦労しています。
最初は化学反応でおちるという商品を試したのですがまったく落ちず
次はポリッシャーを使い3000番のコンパウンドで磨いたのですが、それでも落とす事ができませんでした。
やけになって、ポリッシャーを動かさず同じ箇所を磨き続けたのですが、磨き傷がついてしまったのみで
それでもウロコ汚れを消す事が出来ませんでした。

なにか他の手立てがあればご教授頂けないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

受付完了
車屋さんからの回答受付終了

回答

並び替え:

  • 業務用になるのですが、
    「アットレーター」という商品があります。
    ちょっと強い溶剤なので、対応している業者さんに頼んだ方がいいと思いますが、

    以前 ウロコが凄い車に使って
    簡単に落とせましたよ

    そして、落としたら、
    キーパーコーティング(ダイアモンド又は、クリスタル)をお勧めします。

    ウロコが凄くつきづらいです。

  • 中古車買取&販売Forcus (福岡県)
    野崎 博貴 所属店舗
    シミの段階のよって除去にかかるコスト(労力・金額)も変わると思います。
    下記、サイトより抜粋

    ウォータースポットと呼ばれるこのシミはレンズ効果が原因。撥水系のコーティングは水玉ができて気持ちいいが、突然晴れると日光が水玉によって集められて、塗装が焼けてしまうというのが、シミのできる理屈だ。
    この際、水玉にウロコの原因になるカルシウムなどが入っていると、相乗効果で被害は拡大する。
    水によるシミだから簡単に落ちるだろうと思いきや、ひどい場合は塗装自体が焼けてしまい、除去不能なこともある。つまり塗装が変質してしまっているので、磨いても劣化層が除去できないのだ。


    イオンデポジットが付着する原因は水道水に含まれるカルキ、塩素、カルシウム、マグネシウムなどの影響により塗装面に白いシミを付着させます。酸性雨も大気中に浮遊している花粉や黄砂、排気ガスなど様々な汚れの影響で塗装面に固着してしまいます。一番の原因は洗車時に付着しているケースが多いのです。洗車時に付着するとはどういうことか。洗車する際に水道水が乾いてしまうことによって残留物であるカルキや塩素、カルシウムが塗装面の残ってしまいボディに固着します。これを何度も繰り返すことによって深いシミが固着してしまうのです。イオンデポジットを付着させないためにも洗車時に十分注意をしていただくことが重要です。

    色々やり過ぎてボディ全体を痛める事にもなりかねませんので一度専門業者に見てもらった方が良いと思います。