更新日:2015/06/22

■S Road MOLA GT-Rが3年ぶりの優勝!
■GT300はB-MAX NDDP GT-Rがタイ連勝!!

6月21日午後、2015 AUTOBACS SUPER GT第3戦「BURIRAM SUPER GT RACE」の決勝レースがチャン・インターナショナル・サーキット(タイ)で行なわれた。
日本の盛夏に匹敵するタイの暑さの中、GT500クラスはNo.46 S Road MOLA GT-Rの本山哲/柳田真孝組が予選3位から逆転優勝。

この日午後のチャン・インターナショナル・サーキットの上空はやや雲が多く、予選ほどの暑さではなかったが、それでも37度という暑さ名の中、
15時に決勝レースはスタート。クリーンなスタートとなり、各ドライバーはまずはスターティンググリッドのポジションをキープする形で66周のレースが始まった。
そんな中、ハイペースで後続を引き離しにかかったのはNo.38 ZENT CERUMO RC F(立川祐路)。しかし、No.36 PETRONAS TOM'S RC F(ジェームス・ロシター)、
No.46 S Road MOLA GT-R(本山哲)、No.64 Epson NSX CONCEPT-GT(ベルトラン・バゲット)、そしてNo.6 ENEOS SUSTINA RC F(大嶋和也)という集団もトップを追いかけ、
手に汗を握るような展開の中、レースは進んでいった。
3周目にはNo.24 D'station ADVAN GT-R(佐々木大樹)が緊急ピットイン。応急処置で再度コースインするが、またもピットに。そのままレースに復帰することはなかった。
4周目にはS Road MOLA GT-RがPETRONAS TOM'S RC Fをかわして2番手に浮上。3秒ほど先を行くトップを走るZENT CERUMO RC Fを追い上げていく。
その後、PETRONAS TOM'S RC FとEpson NSX CONCEPT-GTが絡んで、Epsonがスピン。ここにNo.15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT (オリバー・ターベイ)が接触。
この2台は順位を大きく順位を落とした。
速さで勝るS Road MOLA GT-Rは19周目にはトップのZENT CERUMO RC Fの背後につける。ここからGT-Rの本山、RC Fの立川というGT最多勝を争う両メーカーのエース級の対決が
始まる。25周目に一端は本山が前に出るが、立川も食い下がり、29周目には本山がGT300詰まる隙を見事について、再度トップを奪還。
そして34周目にはまた本山がトップに立つという好バトルを展開する。

本山が再度トップに立って4周目には、1、2番手揃ってピットイン。先行するNo.46 S Road MOLA GT-R(柳田真孝)、追うNo.38 ZENT CERUMO RC F(石浦宏明)で戦闘が再開。
だが、わずか5周後、ブレーキにトラブルを抱えたZENT CERUMO RC Fは自らマシンをコース外に出す。これでS Road MOLA GT-Rの後方は一気に15秒後方の
No.36 PETRONAS TOM'S RC F(伊藤大輔)となり、トップのステアリングを引き継いだ柳田は楽になった。
一方、昨年に続きタイヤ無交換作戦を採ったのが、ZENT CERUMO RC Fの脱落で2番手となったPETRONAS TOM'S RC F。だが、PETRONAS TOM'Sとって今回はそれが裏目と出たようで、
No.6 ENEOS SUSTINA RC F(国本雄資)に抜かれ、ポジションダウン。さらに予選13番手から猛追するMOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリから松田次生)、
7番手からポジションを上げてきたNo.17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT(武藤英紀から塚越広大)、さらにはNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信からジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)、
No.37 KeePer TOM'S RC F(アンドレア・カルダレッリから平川亮)がその後方に迫る。結局、PETRONAS TOM'S RC Fは次々と抜かれていったしまった。
トップのS Road MOLA GT-Rは10秒以上のマージンをしっかり活かして、トップのままゴールを通過。
チャンピオンを獲得した2012年の第7戦オートポリス以来の優勝を手にすることに。本山にとっても勝利記録で立川に並ぶクラス最多の16勝目を掴み取った。
2位にはNo.6 ENEOS SUSTINA RC F、3位にはKEIHIN NSX CONCEPT-GTと3メーカーが2年目のタイ大会の表彰台を分け合った。

GT300クラスはNo.3 B-MAX NDDP GT-Rの星野一樹/高星明誠組が昨年のタイ戦に続き連覇を果たした。
(※画像をクリックすると大きな画像でご覧頂けます。)

車買取