更新日:2017/05/22

■激闘をNo.36 au TOM'S LC500が制す!
■GT300はNo.25 VivaC 86MCが僅差の勝利

2017 AUTOBACS SUPER GT第3戦『SUPER GT in KYUSHU 300km』の決勝レースが5月21日、大分県のオートポリス(1周4,674m×65周)で行われた。
レースはいたるところでバトルが展開される白熱した展開となったが、予選での失敗から見事なリカバリーをみせた
No.36 au TOM'S LC500(中嶋一貴/ジェームス・ロシター組)が今季初勝利。GT300クラスはNo.25 VivaC 86 MC(松井孝允/山下健太組)が優勝を飾った。

2年ぶりの開催となったオートポリスは朝から好天に恵まれ、非常に多くのファンが訪れた。午後2時に大分県警の白バイ5台、パトカー2台の先導によりパレードラップ、
さらに1周のフォーメーションラップが行われた後、65周の決勝レースがスタートした。
序盤はポールポジションからスタートのNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴)が逃げる。だが、5周目の最終コーナーで、ピットスタートだった
No.8 ARTA NSX-GT(小林崇志)がスピン。ここにGT300のNo.31 TOYOTA PRIUS apr GTらが衝突してしまい、セーフティカーが導入される。
これで100号車のマージンはリセット。背後に迫ったNo.46 S Road CRAFTSPORTS GT-R(本山哲)、No.1 DENSO KOBELCO SARD LC500(ヘイキ・コバライネン)らと
接戦を繰り広げる。久々のオートポリスは各所でバトルが展開される非常にスリリングな展開となった。その中、予選7位から上がってきた
No.36 au TOM'S LC500(ジェームス・ロシター)が、21周目には3番手に浮上。さらに32周目には、No.100 RAYBRIG NSX-GT、No.1 DENSO KOBELCO SARD LC500との
三つ巴の戦いに持ち込んだ。
各車がピットストップを終えると、No.36 au TOM'S LC500(中嶋一貴)がトップに浮上。その後にはNo.1 DENSO KOBELCO SARD LC500(平手晃平)、
No.100 RAYBRIG NSX-GT(伊沢拓也)が続く。トップ2台とはペースに開きがあった100号車の後方には、ピットスタートながら順位を上げてきた
No.17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大)を先頭とした3車種が入り混じっての6台による表彰台争いが展開された。
そして終盤、51周目にトップのNo.36 au TOM'S LC500にNo.1 DENSO KOBELCO SARD LC500が急接近し、ここで2台が接触。1号車はコースオフし、
36号車もマシンを破損したもののトップをキープ。No.36 au TOM'S LC500は、最後までリードを守り今季初勝利。レクサスLC500が開幕3連勝を飾った。
2位は最後尾から追い上げたNo.17 KEIHIN NSX-GT(小暮卓史/塚越広大)、3位はNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/伊沢拓也)となった。

GT300クラスは、序盤からNo.25 VivaC 86 MCとNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORTの白熱したトップ争いが展開された。一時はピットストップのタイミングで
No.55 ARTA BMW M6 GT3がトップに立つが、最後はやはり25号車と61号車の接戦となり、最終ラップで61号車が急接近。
だが、No.25 VivaC 86 MCが薄氷の0.091秒差で逃げ切り、今季初優勝。2位はNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT、3位はNo.55 ARTA BMW M6 GT3となった。

(※画像をクリックすると大きな画像でご覧頂けます。)

車買取