更新日:2017/10/09

2017 AUTOBACS SUPER GT第7戦『Chang SUPER GT RACE』の決勝レースが10月8日(日)、タイ・ブリーラムのチャン・インターナショナル・サーキット(1周4,554m×66周)で行われた。GT500クラスは、ポールポジションからスタートしたNo.37 KeePer TOM'S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)が優勝。GT300クラスはNo.51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3(中山雄一/坪井翔)が優勝した。
 
 この日のブリーラムは朝から晴天に恵まれていたものの、現地時間午後3時からの決勝レース直前、スターティンググリッドにGTマシンが並んだ直後、強い雨が降った。すぐに止んだものの、コース上はウエットコンディションになったため、ほとんどの車両は雨用のウエットタイヤを装着、2周のセーフティカーランの後にレースがスタートした。
 レース序盤をリードしたのはポールポジションのNo.37 KeePer TOM'S LC500(ニック・キャシディ)。次いでNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(ヤン・マーデンボロー)、No.17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大)と続くが、GT500クラスではシリーズランキントップのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)他の2車がスリックタイヤを選択。路面が乾くのを待つ展開となる。10周過ぎには路面が乾きはじめ、13周を超えると1台、また1台とピットインし、ドライ路面用のスリックタイヤに交換する。
 レース中盤、上位の各車が2回目のピットインを行い、ドライバー交代と給油作業を終えると、トップを守っていたのはNo.37 KeePer TOM'S LC500(平川亮)。その背後につけたのは、序盤からNo.17 KEIHIN NSX-GT(後半は小暮卓史)と激しい戦いを展開してきたNo.6 WAKO'S 4CR LC500(大嶋和也)だ。序盤2番手につけていたNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信)は、ピットイン時に手間取ってしまい、3番手にポジションダウンしてしまう。
 トップを守る平川は最後まで危なげなく走り切り、2位に12.121秒差をつけたNo.37 KeePer TOM'S LC500が、第1戦岡山以来となる今季2勝目をマーク。ドライバーズランキングでも69点に伸ばし、首位で最終戦を迎える。2位はNo.6 WAKO'S 4CR LC500(大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ)でランキングでも2位に。3位は終盤までNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信)がつけていたが、残り2周でまさかのエンジントラブル。これでケーヒンの現地法人の大応援団の声援を浴びたNo.17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/小暮卓史)が3位となった。前戦までランキング首位だったNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/クインタレッリ)はタイヤ無交換作戦に出たものの、9位で2ポイントを獲得してランキング3位となった。
 
 GT300クラスは、こちらもウエットタイヤでスタートするチームが多かったが、ドライバー交代が可能な最低周回数を読み、そこまで乾いた路面でウエットタイヤを引っ張り、ピット作業を行うチームが上位の多くを占めた。そのなかで、真っ先にピットに入ったNo.51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3(中山雄一/坪井翔)がトップでチェッカー。2位は同じ作戦を採ったNo.4 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)となり、ドライバーズランキングでトップに立ち、最終戦にチーム3度目のチャンピオン獲得に挑むことになった。

(※画像をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

車買取