更新日:2009/08/25

2009 AUTOBACS SUPER GT第6戦「第38回インターナショナル ポッカGTサマースペシャル」が、8月22日23日に三重県・鈴鹿サーキットで行われました。

予選TOPの車両が、車両規定違反となり予選タイム抹消となったり、レース中のマシントラブル・火災発生によるセーフティーカーの導入等、700㎞(121周)ものレースには、様々なドラマが展開されました。

GT500クラスは、KRAFT SC430の石浦宏明/大嶋和也組が様々なトラブルを、チームの的確な戦略で乗り切り、ポール・トゥ・ウインで初勝利を成し遂げた。

GT300クラスでは、予選で14位と出遅れたエスロードMOLA Z 星野一樹/柳田真孝組が、混乱のレースを巧みに乗り切って、最終ラップ目前にトップ車両を抜き劇的な優勝を果たした。



今回は、レースクイーンさんの写真だけでなく、予選日・決勝日のイベント等、レースの楽しみいろいろ撮影してきましたので、楽しみにしていて下さい。

(そちらの画像は、近日公開します。)



※画像をクリックすると大きな画像でご覧頂けます。

車買取