更新日:2010/06/20

6月19日 マレーシア:セパンサーキットで、SUPER GTの第4戦が行われました。
好天過ぎる好天に恵まれ、記者Oの手元の数字では最高気温41℃・湿度90%をに達し、レーサーだけでなく、観客・スタッフ共に暑さとの戦いの中、予選が行われました。

予選結果は、
GT300クラスでは、#11 JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430がトップを獲得。2位は、#7 M7 MUTIARA MOTORS 雨宮SGC7が入った。M7は、第3セクターまではTOPタイムをキープできていたが、その後コーナーの立ち上がりで痛恨のタイムロス。明日の決勝は、この2台のデットヒートになりそうだ。
GT500クラスでは、#12 カルソニック IMPUL GT-Rがトップタイムを死守した。ちなみに、監督は往年の名ドライバー【闘将】星野一義氏。終始張り詰めた表情だったが、TOPタイム後は笑顔に一転。記者席でも、その笑顔に笑いが巻き起こり、記者の間での人気の高さが伺えた。
前戦の富士では振るわなかった、日産・ホンダ勢がかなり勢いを増しており、明日の決勝では激しいバトルが予想される。

記者Oの注目は、#24 HIS ADVAN KONDO GT-R(マッチのチーム)だ。予選スーパーラップ時に、また車が壊れ、止まってしまっていた。このチーム、記者Oの記憶では、不思議と予選で壊れた時に優勝している。明日も、そのジンクスに期待したい。

予選以外にも、日本同様「ピットウォーク」「ギャルオン」「キッズウォーク」等が行われ、日本から駆けつけたレースクイーンファンと、更に熱さが目立っていた現地ファンで終始賑わっていた。。
日本独特のレースクイーン文化は、マレーシアでも大人気だ。

本日取材したレースクイーンは、16名!近日アップするので、お楽しみに。

それでは、速報画像をご覧ください。

車買取