更新日:2011/07/19

株式会社GTアソシエイション(GTA)、株式会社日本レースプロモーション(JRP)、富士スピードウェイ株式会社(FSW)の3社は、グランドツーリングカーレース国内トップカテゴリーのSUPER GTとフォーミュラカーレース国内トップカテゴリーのFormula NIPPONを国内で唯一同日開催する“JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINT CUP 2011”の概要を発表しました。

昨年の第1回大会に続き、11月11日(金)-13日(日)の3日間、「日本モータースポーツの活性化」、「新たなモータースポーツイベントの提案」、「モータースポーツファンへの感謝」をテーマに行うとともに、本大会のキャッチコピーを“国内最速・最高峰2大レース、夢の競演!?モータースポーツ界に新たな伝説が生まれる?”としました。
さらに、東日本大震災復興支援大会として位置づけ、大会関係者が一丸となって復興支援に取り組みます。

メインレースは昨年同様、「SUPER GT 500」クラスと「同300クラス」、「Formula NIPPON」の3カテゴリーが各100km(22周)の決勝レースを開催します。1チーム2ドライバー体制のSUPER GTはGT500クラス、同300クラスとも各2レースを、また、Formula NIPPONは1レースを行います。
併催レースは、国内最多参加台数を誇るJAF公認のナンバー付車両によるワンメイクレースである Netz Cup Vitz Race 2011 Grand Final と日本独自のナショナルフォーミュラカーレースである国土交通大臣杯F4レース日本一決定戦を開催します。
なお国土交通大臣賞は、GT500クラス優勝チームおよび今シーズンのF4年間最多優勝コンストラクターに授与されます。

観戦チケット(税込)は大人5,500円、ペア券10,000円(共に中学生以下無料/要保護者同伴)で、9月中旬より販売を開始する予定です。

<各社代表コメント>

坂東正明 GTA代表取締役
今年のSUPER GTは、シリーズ全戦を東日本大震災復興支援大会と位置づけ、関係各位とともにモータースポーツにできることを一つひとつ進めております。そして、元気な日本を海外にも発信し、厳しい状況下でも「ものづくりの日本」が健在であることをアピールできればと思っています。2年目を迎える本年は、この大会を静岡県の「お祭り」として認知いただき、より多くの人々に楽しんでいただけるよう準備を進めております。昨年以上の感動と興奮をお届けいたしますので、どうぞご期待ください。
白井裕 JRP代表取締役社長
昨年、新たに開催したこの大会は、多くのファンにレースの素晴らしさを改めて伝えることができたと思いますし、さらなる発展の契機になればと願っております。そんな中発生した大震災では、多くの方が被害を受けました。モータースポーツ界が一丸となり、レースを通し被災者の方々の少しでもお役に立てるよう努力することが、私たちが今できることではないかと考えます。今年も多くの感動をお伝えできますよう関係者と協力し準備を進めてまいります。皆様のご来場を心よりお待ちしております。
加藤裕明 FSW代表取締役社長
昨年、日本が誇るSUPER GTとFormula NIPPONを史上初めて同日開催する本大会を実現することができ、大変光栄に思っております。本年はより多くのお客様にお越しいただけるよう準備を進めており、今後、地元静岡県の一大イベントとして確立していければと考えております。また、本年は東日本大震災復興支援大会として開催いたします。被災地の復旧・復興には長い時間がかかるかと思いますが、モータースポーツならではの感動と興奮をお届けすることで、日本全体が少しでも元気になるよう努力してまいります。

※画像は昨年のJAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINTのもようです。

車買取