更新日:2011/10/16

■S Road MOLA GT-Rが今季3度目のポール!
■GT300ポールも初音ミク グッドスマイルBMWが3回目の獲得

 AUTOBACS SUPER GT第8戦(最終戦)『MOTEGI GT 250km RACE』の予選が
10月15日、栃木県・ツインリンクもてぎ(1周4.801km)で行われた。No.46
S Road MOLA GT-Rの柳田真孝がポールポジション(予選1位)を獲得。
S Road MOLA GT-Rの柳田真孝/ロニー・クインタレッリ組は、10月16日の
決勝レースを最前列からスタートする。

 この日のもてぎは朝からかなりの雨。13時5分から行われた実質40分間の
Q1ではスピン、コースアウトするマシンも少なからずあり、走行の中断も
あった。そんな悪条件の中、チャンピオンを争うランキングでトップを走
るNo.46 S Road MOLA GT-Rのロニー・クインタレッリが1分52秒389のトッ
プライムを叩き出す。続く10分間のQ2でもクインタレッリは1分52秒529で
ライバルの追随を許さずにトップを堅持。
 そして7台が勝ち残って行われたQ3。雨が強くなる中、S Road MOLA GT-R
のステアリングは柳田真孝に託された。ライバルたちが滑りやすい路面に手
こずる中、柳田が駆るGT-Rは安定した走行でタイムアタックを敢行。この
セッションの最速タイム、1分54秒662を記録して、チームとして今季3度目、
柳田にとってGT500で3度目のポールポジションを獲得した。

 GT300クラスはNo.4 初音ミク グッドスマイルBMWの谷口信輝が、今季3度
目のポールポジションを獲得した。同チームの谷口/番場琢組は、ランキン
グ2位で、明日の決勝レースを最前列から逆転チャンピオンを狙う。だが現
在ランキングのトップ、No.11 JIMGAINER DIXCEL DUNLOP 485(田中哲也/
平中克幸)も予選2位と健闘。最終戦の決勝レースでは、GT300の両雄がチャ
ンピオンを賭けて真っ向から勝負することになる。

車買取