更新日:2013/09/09

■ZENT CERUMO SC430が今季初優勝!
■GT300はBMWが優勝

AUTOBACS SUPER GT第6戦『FUJI GT 300km RACE』の決勝レースが、9月8日、静岡県・富士スピードウェイ(1周4.563km×66周)で行われた。
時折雨がぱらつく難しい状況でのレースとなり、No.38 ZENT CERUMO SC430の立川祐路/平手晃平組が優勝した。
GT300クラスでは、No.4 GSR初音ミクBMW(谷口信輝/片岡龍也組)が優勝した。

この日の富士スピードウェイは午前中が雨だったが、お昼には雨も止み、決勝レーススタートの14時にはコースもほぼ乾いた。
まずまずのコンディションの中、ポールポジションからNo.38 ZENT CERUMO SC430(平手晃平)が好スタート。
同じLEXUS SC430のNo.37 KeePer TOM'S SC430(アンドレア・カルダレッリ)を従えて逃げるZENT CERUMO SC430だったが、
21周目のストレートでトラブルからクラッシュするマシンがあり、この事故処理のためセーフティーカーが導入される。
ZENT CERUMO SC430が作ったマージンはほとんど消滅。さらにピットインが可能になるとZENT CERUMO SC430をはじめ上位陣がピットへ。
ZENT CERUMO SC430(立川祐路)は、この時にピットインをしなかったマシンにトップを譲り、加えてピットアウト後に他車と接触して
5番手まで後退してしまう。だが、ここで優勝できないとチャンピオン争いから脱落してしまうZENT CERUMO SC430の立川は、
雨が降ったり止んだりと路面状況が変わりやすい中、猛然と追い上げを開始。そして43周目にトップに返り咲いた。
その後、No.17 KEIHIN HSV-010(塚越広大)と接戦を展開するが、富士を得意とし、終盤の速さに定評ある立川は、それを振り切って今季初優勝を果たした。
LEXUS SC430の勝利は今季2勝目で、通算18勝目となる。立川はGT500で通算15勝目となり、最多勝タイとなった。平手は通算5勝目。

GT300クラスでは、予選5位のNo.4 GSR初音ミクBMWの谷口信輝/片岡龍也組が、セーフティカーラン直後に素早いピット作業を行い、
早めにピットを済ませたマシンの中でトップに立つ。この後、雨がぱらつく滑りやすい状況で谷口が快走。
結局、2位に47秒もの大差をつけて今季初勝利を飾った。BMW Z4はGT300クラスで通算5勝目、谷口は13勝目、片岡は6勝目となる。

(※画像をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

車買取