更新日:2013/10/07

■PETRONAS TOM'S SC430が大逆転!
■GT300は初音ミクBMWが連勝

AUTOBACS SUPER GT第7戦『SUPER GT IN KYUSHU 300km』の決勝レースが、10月6日、大分県・オートポリス(1周 4.674km×65周)で行われた。
レース中に気まぐれな雨が降り、目まぐるしく順位が変わる激戦の中、No.36 PETRONAS TOM'S SC430(中嶋一貴/ジェームス・ロシター組)が、
残り3周で逆転勝利を成し遂げた。GT300クラスでは、No.4 GSR初音ミクBMW(谷口信輝/片岡龍也組)が前戦に続き連勝を果たした。

昨日の予選は雨と霧でキャンセル、この日の朝に改めて実施され、GT500クラスはNo.38 ZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平組)が、
GT300クラスはNo.3 S Road NDDP GT-R(星野一樹/佐々木大樹組)がポールポジションを獲得した。

そして、迎えた決勝レース。スタートした14時ちょうどでは、天候は曇り。ポールポジションのZENT CERUMO SC430(平手晃平)は、好スタートを切り
後続をジワジワと引き離す。その後方では、No.23 MOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)、No.1 REITO MOLA GT-R(本山哲)と
2台のNISSAN GT-Rに加え、No.18 ウイダー モデューロHSV-010(山本尚貴)、No.12 カルソニックIMPUL GT-R(松田次生)、
No.36 PETRONAS TOM'S SC430(ジェームス・ロシター)らが続いた。
レース中盤には時折雨がぱらつき、路面も一部分が非常に滑りやすい状況で、タイヤから剥がれたカスも散らばるという非常に難しいコンディションとなり、
スピンや接触をするマシンも現れる。だが、トップを行くNo.38 ZENT CERUMO SC430は安定したペースで、レース後半を立川祐路に託す。
その後ろでは、目まぐるしく順位が変わる。
そして終盤は、トップのZENT CERUMO SC430をサバイバルから生き残ったNo.36 PETRONAS TOM'S SC430)(中嶋一貴)、No.17 KEIHIN HSV-010(塚越広大)が追う展開となる。
だが、ZENT CERUMO SC430はラスト8周ころからペースが落ちだし、3台は1秒ほどの集団となって激しいバトルを展開。
そして、ペースに優るPETRONAS TOM'S SC430の中嶋が残り3周でZENT CERUMO SC430の立川をズバリとパス。トップに立ったPETRONAS TOM'S SC430は、
そのまま先頭でゴールをくぐり、第2戦富士以来の今季2勝目を挙げた。中嶋/ロシター組は、チャンピオンシップでも2位に浮上。
決勝2位となったZENT CERUMO SC430の立川/平手組はランキングで1位となり、最終戦に挑むことになる。

GT300クラスでは、予選8位のNo.4 GSR初音ミクBMW(片岡龍也)が、序盤に3番手まで上がる快走を見せ、所定のピットイン後には2番手につけた。
引き継いだ谷口信輝が滑る路面をものともせず、トップのNo.50 Exe Aston Martin(安岡秀徒から加納政樹)を抜いて優勝を果たした。
谷口/片岡組は、前戦の第6戦富士に続く連勝でチャンピオンシップでも2位に浮上した。ポールポジションからスタートした
No.3 S Road NDDP GT-R(佐々木大樹から星野一樹)は、マシントラブルでリタイア。No.16 MUGEN CR-Z GT(武藤英紀から中山友貴)は辛くも8位で2ポイントを加算。
武藤/中山組はポイントリーダーを守って、最終戦にハイブリッド車両初のチャンピオンに臨むことになる。

(※画像をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

車買取